カテゴリー「ウェブログ・ココログ関連」の3件の記事

2008年11月12日

メイリオってどうかなあ?

土曜日に畑いじりをしてからは、ずっと仕事をしていた感じ。今日までにやろうと思っていたことはすべてやった。

夕方、髪を切りに行って、顔剃りしながらいつのまにか寝てしまった。しばらくして、舌の右端のところを歯で噛んでしまい、それで目が覚めた。最近、うたた寝しながら、何度か同じように舌をちょこっと噛んでいる。疲れているのかな。

ところで、ウインドウズのVistaでこれを読んでいる人はすでにお気づきだと思うが、ここ何回か、Vistaでは標準搭載されているメイリオのフォントを、優先的に表示するようにしている。僕はXPのほうにも入れているので、どちらもメイリオで表示されるが、それが入ってなければゴシック体のようなsans-serif系のフォントを出すように指定している。

僕がこのブログを書くのに使っているココログ・フリーというニフティのサービスは、全体のスタイルシートを変更することができないので、毎回書くたびに、HTMLの編集のところでfont-familyの指定をするという面倒くさいことをしている。

これ試験的にやっているのだが、メイリオってどうなんだろうか? ウインドウズのフォントにしては美しいし、全体として見たらものすごく見栄えは良くなる(実際に他のウェブサイトで変更してみたら、がらっと雰囲気は変わった)。でも、よ~く一字一字見ると、なんだかヘンテコだなあ。ぎこちない文字が多くないかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日

レスポンスが悪かったので

ココログのレスポンスが非常に悪く、ログインすらままならない状態が続いた。

それでいろいろ読んでみたんだけど、ココログってデザインだけじゃなくて、サービスそのものに不満を持っている人が多い。なんでもかんでも課金するくせに、それに見合ったサービスを受けていないということが大きな原因だと思う。ニフティって本当によく金取るんですよ。本気でどこか他のところへ移ることを考えようかな。

ブログ内検索機能を右サイドの上に設置した。検索といっても、自分が過去に書いたものを探すのに欲しいと思ったわけで、他人様が必要かどうかはわからない。

これも実を言うとココログ自体が提供しているのではなくて、仕方なく個人の方が提供されているものだ。

最近は、夜遅い時間はブログを書くのが日課のようになっているので、今晩のように書けないと、サーバーのせいとはいえ、達成感がない。かといって、今から書く気もしないので、とりあえずここまでをアップしておく。時間を戻して、昨日(21日)付けでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日

ブロガーは精神の露出狂

過激なタイトルでごめんなさい。でも、これ、1年間ブログをやっていてずっと感じていたこと。

ブログもしくは広くインターネットが出現するまでは、日記や意見や写真などをパブリックに公開するというのは、ほとんど専門家か特別な人たちに限られていたわけ。日記は個人の秘密のノートだったし、意見や書き物を披露する場所なんてなかったし、活字にするにはお金がかかったし、写真や音楽なんて家族や仲間うちで楽しむものだった。

それがどうだろう、今ではなんと多くの人が、自分の動静や気持ちや趣味を赤裸々に発信していることか。みんな自分のなかの見せたい部分を、思いっきりさらけ出している。そしてコメントをもらっては喜ぶ(時には怒る?)。もうこれは精神の露出狂で、マゾヒストだ!と感じるわけです。もちろん自分も含めてね。

でも、すべてにおいてエキスパートに拠りかかっていた今までと比べたら、面白い時代になったなあと思う。知的なことでもジャーナリズムでも文芸でも、少しでも力があってやる気がある人に、大きな可能性が開かれてきている。それは個人に活力を与えることになるし、社会を多元的にすることにもなるんじゃないかと思う。

だから、みんな思いっきり露出狂になろう!

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)