« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月15日

FP2級を受けた

13日に、FP技能士2級の学科と実技試験(個人資産業務)を受けた。即日発表された解答で自己採点してみると、どちらも合格点は超えていたので安心した。

データによると、いつも2級は2~3割しか合格していないので、3級と比べると少しは難しい。それは、3級のときのように試験を早々に終えて出ていく受験者がほとんどいなかったことからもわかる。僕は今回、過去問をどれか1回分通しでやるという練習を全くせずに臨んだので、時間配分が分からず焦った。午前も午後もひととおり見直しまで終えたのは、終了5秒前(5分前じゃなくて)だった!

AFPの通信教育も受講しているが、近いうちにAFPと2級の資格を取れるので、福岡・佐賀・長崎あたりで、誰か仕事くれないかなあ。本気で。でも、独立系のFPって、日本ではまだまだニーズがないですね。

将来的に何かに活かせればと思って勉強しているFPだが、お金っていうのは誰にでも関係してくる話だし、2級レベルまでいくと、かなり幅広く勉強することになるので、関係業種の人だけでなく、誰でもやって損はしない勉強だと思う。実際、「家計や家族の人生設計のことを考えて」勉強する主婦も多いのだそうだ。

大学時代に今ぐらいの知識があればなあ。もうちょっと堅実で真っ当な道を歩んでいるだろう。もう人生の半分を過ぎようとしているというのに、しかも活発な動きはもう4半世紀ぐらいしかできないというのに、「俺って何してんだろう」と落ち込んだりもしている。そんな話はまた今度。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年9月 1日

今回の総選挙を振り返って

総選挙の開票速報以上に面白いテレビ番組はないと常々思うが、今回はいやましてワクワクした。

前から言うように、自民党がいいとか民主党がいいとかではなく、硬直した政策決定のシステムを変革するには、政権交代しかないのは明らかだ。それが初めて現実となり、昨晩は「これでやっと戦後が終わる」という感慨にふけっていた。

2001年の段階で、すでに自民党はこうなる運命にあったと思う。それが、小泉さんが総理総裁になったことで延びてしまっただけのことだし、また多くの自民党議員は今まで公明党・創価学会によってなんとか救われてきただけで、実質的に党は何年も前から滅びていた。

地元選出の自民党議員(今回もかろうじて復活当選した)を見ても思う、「もうちょっとマシな人材はいないのか」と。有権者の意識が変わってきていることを、自民党の候補者が実感できているとはとても思えないほど、勘違いだらけだった。

僕は麻生さんが好きだ。もうちょっと党の環境や経済の環境が良いときになっていたらよかったとかわいそうにも思うが、それでも演説を聞いていると、「ああ勘違いしているなあ」と思った。 「日の丸」のことにこだわっていたのは理解不能だし、責任とか安心とか財源とか言えた立場じゃないのに、どうしてあんなに恥ずかしげもなく訴えられたのか。どうしてあんなに民主党を批判することに終始したのだろう。それらすべてやればやるほど、有権者の心が冷め逃げていくということに、どうして麻生さんや党本部は気づかなかったのだろうか。不思議でならない。

ちなみに、公明党の「永田町が小学校だったら」という何本かのネットCMは、最悪の内容だった(今の公明党が口汚くなってきていることの背景がなんなのか、思うところがあるが、それは書かない)。他にもいろいろと、感覚が麻痺しているよ、と嘆くことしきり。

民主党のマニフェストが素晴らしいものではないにしても、後出しした自民党のマニフェストの中身があんなにスカスカじゃあ、どうしようもないでしょう。どっちに真面目さが表れているかというと、断然民主党だった。それに、国家というものが見えてこないという点では、別に自民も公明も民主も同じで、子どもへの手当なんていうものが大きく取り上げられるのは、国政選挙としてはどうなんだろうと首を傾げたくなる。

真面目さといえば、これは塩爺が言っていて、なるほどそうだと思ったのだが、自民党の候補者は「上から目線」の人が多かった。今回の選挙を勘違いしている証拠。それに対して、民主は若くて情熱が感じられる新人が多かった。

すぐ隣なので注目していた長崎2区の福田衣里子さんは、発する言葉ひとつひとつに重みがあり、強さがあり、響きがあった。毎回、聞いていて涙が出た。巨大な国家権力と戦ってきた経験と政治家としての能力をイコールでは結べないかもしれないが、きれい事を言わせてもらえるなら、そもそも現代の民主政治というものは、彼女みたいなか弱い人を救っていくために存在しているはずではなかったのか。

福田さんに対して久間さんは、諫早干拓とか長崎新幹線とかそんなことばっかり。そういうことで有権者の心をつなぎ止められると思っていたとすると、やっぱり勘違いしている(でも、久間さん嫌いじゃないですよ)。

あとはうーんと、あっ、僕の周りはいつも選挙で忙しい人が多いが、今回は不気味なほど最後の数日静かだった。「当選圏内に入ったから」ということだったが、僕は全然それが信じられず、「どんなに頑張っても無理だから、きっと諦めたんだよ」と思っていた。結果的に敗れたわけだが、最後の2日間周りが気の抜けたような感じだったのは、票の読み違いだったのか、僕が思ったとおりの意図だったのか、その活動の中心にいるわけじゃないのでわからない。でも読み違えていたとしたら、それはもう組織で選挙を動かせる時代ではなくなった証拠だと思う。街頭に集まってきた人、集会に足を運んだ人だけの感触では絶対にわからない。そういうところに参加しない人たちのほうが圧倒的に多く、投票率が上がれば上がるほど、顔の見えない人たちの判断に委ねられるようになってくる。

今回は、自民党や自公政権にうんざりしていた人は本当に多かった。それが、あまり接しないごく一般の有権者のなかにも「静かに」「強く」共有されていたと思う。実際に自民の落選した大物が、「選挙運動した感覚では勝ったと思ってたけどね」ということを口にしていたが、接戦を抜けたと思ったのにふたを開けたら違っていた、というケースも結構あったかもしれない。でも、民主主義はそれでいいのだと思う。票が読める選挙、という今までのスタイルが、どちらかというと間違いなのではないだろうか。

徒然に書いていますが、あと、静岡の城内実さん、4年間ずっと報道があるたびに注目していたが、勝っちゃうなんて偉いなあ。郵政の問題はさておき、こういう強い信念の持ち主は見ていて気持ちいい。それから、いわゆる小沢ガールズと呼ばれている刺客の女性たち、小沢さんって選び方が絶妙だなと感心した。誰ひとり見ても、片山さつきや佐藤ゆかりのような刺々しさや嫌みな感じがなかったし(報道見る限りですけどね)、みんな笑顔が美しかった(←そんなことか、と言わないで)。しゃべり方といい、振る舞いがよく訓練されているなあ、と感じた。

最後に、民主党は子ども手当ての代わりに、配偶者控除と扶養控除をなくすと言っているが、そんなことしたら課税所得に多大な影響を及ぼすので、これは大問題になるのではないかと思う。だってみんな、年末調整や確定申告のときの節税対策で、所得控除といえばまず考えるのはこのふたつでしょう? 対象者が3人ぐらいいればすぐに100万円超の違いが出てくるのだから、あるのとないのとでは大違いだ。女性を家に閉じ込めるな、という民主党の言い分もわかるけど、だったら配偶者控除だけなくして、扶養控除は対象が子どもだけではないのだから、子ども手当てに該当しない被扶養者がいれば扶養控除を維持する、もしくは配偶者控除も、今の配偶者特別控除で行なわれているように、配偶者本人の所得に比例して控除額を減額する、といった修正をしてほしいものだと願う。

昨日の感想をいろいろ書きました。とりあえず以上。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »