« 『資本主義は嫌いですか』を読む | トップページ | 器は大事 »

2009年5月10日

そろそろ、また書こうかな

最近何かと難しい状況に追い込まれていて、全然ブログを書きたいという気分になれなかった。
でも、この間高校時代からの友人と久しぶりに会い、彼の抱えている苦しみに寄り添ったあたりから、気の持ち方が少しずつ変化してきて、僕の心にも晴れ間が見え始めた。

人知れず心の奥底に悲しみを抱いている人間を僕は愛す。
どんなに立派な人間だと世間で言われていても、悲しみから来る人間性の深みを感じない人を、僕は好きになれないし、薄っぺらいと感じてしまう。
快活な人も、それが悲しみに裏打ちされていなければ、一緒にいて退屈だ。
最近僕は思う、悲しみを湛えて精一杯生活している人たちとともに生きていきたい、そしてそのために僕自身は強くあろうと。

畑はひと冬越えて、それらしくなってきた。
この間土を掘り起こしたときに、さらに少しだけ広げて、今はナス、トマト、ゴーヤ、キュウリ、パプリカの苗を植えている。
秋に種蒔きしたサヤエンドウがここへきて一気に伸びてきて、毎日のようにちぎっている。なのに次の日見たら、またどこかしらで生っている。
今、家庭菜園がブームらしいが、確かにこれは楽しい。

家から車で20分ぐらいの所にいいカフェがあるのを、昨日他の人のブログで知った。
モンネ・ルギ・ムックというカフェで、ここから山を越えた波佐見町という所にある。

波佐見は、有田の隣ということもあって焼き物の一大拠点だが、古い製陶所の建物をカフェとして使っているということで興味をそそられ、今日さっそく行ってみた。
結論としては、良かったです。いや、かなり気に入りました。
ありがとう、見ず知らずのブロガー様!という感じ。

まず古い建物だっていうのがいいし、中の雰囲気も良かった。
エスプレッソベースのコーヒーはボリュームがあり、好みの苦みでよかったし、チーズケーキもおいしかった。
それに、周辺も昔の建物が残っている。落ち着くなあ。

外観はこんなです。

モンネ・ルギ・ムック

座っていたイスから外のほうを撮った写真。

モンネ・ルギ・ムック

うん?、ケーキの写真は? コーヒーは?
ありません。
どうにも、それをする勇気はありませぬ。

|

« 『資本主義は嫌いですか』を読む | トップページ | 器は大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ、また書こうかな:

« 『資本主義は嫌いですか』を読む | トップページ | 器は大事 »