« 人生はこれから | トップページ | あるがままそこに »

2008年12月12日

朝ぼらけに歩く

いまごろの九州の朝は、夜が明けるのがひときわ遅い。朝ぼらけのひんやりとして澄んだ空気のもとウォーキングをするのは、すこぶる気持ちのいいものだ。ここ数日は深く霧が立ち込めている。ほんの何十メートルか先もはっきりしないなか歩いていると、どこか異次元へ吸い込まれていくような妙な気分になる。

朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木 (百人一首、64番)

古来、宇治川の冬といえば、川霧と琵琶湖から下ってくる氷魚(アユの稚魚)を捕獲する網代木が有名だったらしい。道長も眺めていたのであろうか。源氏物語の世界が広がる宇治は、一度ゆっくり訪れてみたい。

今週中に終わらせたいことがあったのだが、昨晩山を越えて、今日は少しスローダウンして作業をしている。疲れて重かった体が、今日は急に軽くなった気がする。そんななか、今週の楽しみといえば、たくさん届いたエビスビールを毎晩1缶ずつ飲むぐらいだった。珍しく何日も続けてお酒を飲んだ。

食材はあいかわらずいろんなところから頂く。最近は大根が多い。雲仙のじゃがいもが1箱届き、鮭も1匹送られてきたので、石狩鍋をした。冬はやっぱり鍋ものがいい。ねぎなども大量にあったので、鶏肉で水炊きもした。今日は解体したばかりの牛肉を1キロもらったので、余っていたじゃがいも(じゃがバターもしたがまだ余った)で肉じゃが。にんじんはじゃがいもより小さめの乱切りにしてよね、とうるさいことを言っていたら、自分が食材を切る羽目になってしまった。トホホ。

とはいっても、あんまりグツグツ煮たやつばかり食べていると、ビタミン類が壊れたりして、あまり体には良くない。最終的には、朝食べる生の果物と野菜がいちばんおいしいし、健康的だ。そして、起きてすぐ飲む水。これらにバゲットがあれば、もうそれで十分に幸せな気分になる。

|

« 人生はこれから | トップページ | あるがままそこに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝ぼらけに歩く:

« 人生はこれから | トップページ | あるがままそこに »