« それぞれ次の段階へ | トップページ | 書を習おうかと思う »

2008年11月 1日

ネットショップの人と

昨日は朝早くから近くのカジュアルショップを訪ねて、店長から相談を受けた。ネットショップをやっているが、売上を増やしていくにはどうしたらいいだろうか、という内容。すでにヤフーのオークションやモバオクなどでは毎日何かしら売れているのだが、自分のショップ自体をやはり大きくしたいとのこと。

ネットショップを運営していて、詳細なアクセス解析をしていないのは致命的な欠陥だと思う。しかし、この店にショップ運営のサービスを提供しているサイトにはその機能がなく、ソースをいじることもできないので Google の Analytics も導入できず。ただやみくもにショップをやっても意味がない、リアルな店舗と同じく、細かな分析と配慮、工夫を常におこなっていないといけない旨説明する。

サイトの色の選び方や服の写真の撮り方など、サイト全体のイメージが暗くて清潔感がない。その他、HTMLの構造上の話やSEO対策で最低限おこなうことなど。最終的に、今後どうしていくべきか、僕がたたき台を作って検討していくことにした。おそらくサーバーを移したり、新たにベースのサイトを立ち上げたり、ショップサイトを根本的に変更したりすることになるだろう。その後も長期的に付き合うことになると思う。

とはいっても僕自身、ネットショップを運営した経験はないので、ここに関わるだけでとても勉強になるだろうと思う。店長に教えてもらったネットで有名なカジュアルショップのサイトを、じっくり眺めたりしている(「俺は別に女性ものの服を探しているわけじゃないんだ!」と宣言しないと、変な眼で見られちゃうよ、まったく)。

それにしても、ネットの時代というのはやっぱり面白い時代だなと思う。この店のことを周りの人に聞くと、「あそこ、よく潰れずに続いてるよね」とみんな不思議がる。でも、客は実際にドアから入ってくる人たちだけではないのです。ネットではるかに多くの売買がなされていることや、はるか遠くにリピータの客がいることなど、誰も知る由はない。

|

« それぞれ次の段階へ | トップページ | 書を習おうかと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットショップの人と:

« それぞれ次の段階へ | トップページ | 書を習おうかと思う »