« 気分転換でホテルに滞在 | トップページ | メガネを買い替える »

2008年9月27日

政治の行き詰まりは「システム」の問題

麻生内閣の支持率が意外と高くないことが取り沙汰されているが、
これは首相本人の問題ではなく、
2代続けて1年で政権を放り出した自民党への
嫌気と冷めた態度の反映であると思う。
総選挙が迫り、この内閣がゆっくりと仕事をすることはなさそうだから、
そもそも期待しても意味がない、という思惑も加味されるべきだろう。

僕はずっと麻生さんを応援してきた。
そのことはこのブログでも、小泉政権末期の頃から時々書いてきた。
安倍さんも福田さんも、総理大臣として適さないことは明らかだったのに、
こぞって彼らに投票した多くの自民党の議員は阿呆である。
できれば、ふたりともに投票した議員は、
「私が盲目でした、すみません」と言って辞職してほしいくらいだ。
それほど重い責任を彼らは感じるべきなのだ。

だから、麻生さんが総理・総裁になったのは嬉しいことなのだが、
あまり手放しで喜べない。
ひとつは、総理になった時期が悪すぎて、短命に終わる可能性があるから。
もうひとつは、誰がトップになるにせよ、日本の政治の質を根本的に高めるには、
自民党=官僚によるなれ合いの政策決定過程のシステムを壊すしかない、
と強く感じるからである。

政治の行き詰まりは、究極のところ、
戦後ずっと続いているこの「システム」の問題である。
多少のごたごたは時折起こりながらも、ほとんどすべてがルーティンのように流れていく。
そこに官僚の緊張感はないし、政治家の成長もない。
だから、「ねじれ国会」などという異常な(本当は異常でもなんでもないんだけど)状態に置かれると、
途端に泣きべそをかいて、相手のせいにして、自分勝手に逃げ出す。

政策が生活の質を大きく左右することを考えれば、
永田町に定期的な新陳代謝が起こるほうが、まったく起こらないよりはいいに決まっている。
公明党も、「政治の安定のため」などときれいごとを言って、
実際は自民党の延命装置になってしまっていることを反省したほうがいい。
創価学会員が自民党候補に投票しなければ、
とっくの昔に自民党は崩壊し、システムも変更を余儀なくされていたはずだ。

麻生さんはちゃんと仕事をする人だと思う。
しかし、麻生さんには申し訳ないが、この国を変えるためには、
自民党が政権から追われるのが早道だ。
短命に終わったとしても仕方がない。

|

« 気分転換でホテルに滞在 | トップページ | メガネを買い替える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治の行き詰まりは「システム」の問題:

« 気分転換でホテルに滞在 | トップページ | メガネを買い替える »