« 王監督はやっぱり憎めない | トップページ | 政治の行き詰まりは「システム」の問題 »

2008年9月25日

気分転換でホテルに滞在

昨日は久しぶりに福岡泊。
西鉄グランドホテル。
小さい頃に何度か連れてきてもらったためか、
天神の記憶というとまずこのホテルを思い出す。
あの頃から外観は変わらない。
便利な場所にあるし、いつもついここに泊ろうと思ってしまう。

父代わりに何かと相談するおじさまがいて、
昨日はその人と長い時間話をした。

政治情勢のことから、翻訳の限界性、源氏物語など。
ある著名な方が主宰するNPOに誘われたが、
まずは会ってみましょうということで態度は保留した。

ホワイトヘッドのある本の和訳がどうしても見つからないというので、
探しものなら僕に任せてください、とさっそくジュンク堂で今朝探したら、
ものの10分で発見。
どうやら、一連の講演の一部だったのでわからなかったようだ。
うーん、そんなもんかいな?

Alan Greenspan, The Age of Turbulence: Adventures in a New World を購入。
前FRB議長・グリーンスパーンの回想録。
アメリカの最近の金融危機の問題について新たに書き加えられている。
まず1章読んだ。
500ページを超える大部だが、絶対に読み通してやる。

用事も兼ねながら、気分転換にゆっくりホテルで過ごした。
こんな時間が大好きだ。

|

« 王監督はやっぱり憎めない | トップページ | 政治の行き詰まりは「システム」の問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換でホテルに滞在:

« 王監督はやっぱり憎めない | トップページ | 政治の行き詰まりは「システム」の問題 »