« もっともらしく | トップページ | スペインとホークスと »

2008年6月18日

ビル・クリントンの講演料

ムシムシした一日。さすがに半袖になる。色が白いので夏は嫌だ。とくに九州にはいたくない。これ本音です。

ビル・クリントンは去年1年間で5000万ドル(約54億円)もの講演料収入を得ているというから驚きだ。ちょっと前の為替レートだと60億円を超える。

人気絶大の“ビル・クリントン”ブランドは正念場

今回の指名争いでいろいろ問題はあったけど、記事にもあるように、きっとすぐに立ち直るだろう。だって、彼のように天性のチャーミングさを持った人間は、絶対に長くは憎まれないもの。大統領時代に、Oval Office で "inappropriate" (本人の表現)なことをしていたのがばれても、絶大な人気を誇ったのだから、怖いもの知らずでしょう。

「あなたよりスピーチのうまい政治家はいますか」と問われたトニー・ブレアが、「ビル・クリントン」と答えたのを思い出す。聴いている者をわくわくさせることは、指導者としてひとつの重要な資質だ。

|

« もっともらしく | トップページ | スペインとホークスと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビル・クリントンの講演料:

« もっともらしく | トップページ | スペインとホークスと »