« ビル・クリントンの講演料 | トップページ | 今回は徹夜でも元気 »

2008年6月23日

スペインとホークスと

何日かぶりにからっと晴れて穏かな一日。ここ数日間の雨の降り方は異常で、いったいここはどこの国?と言いたくなるぐらいスコールのような激しい雨も何度かあった。地域の観測史上最多の1時間降雨量を記録し、全国ネットのニュースにもなったようで、心配して電話してきた人もいたが、こちらはそれで初めて「そんなに雨降ったのか」と知ったぐらいのほほんとしていた。確かに周囲の町は水害がひどいようだが、地形のおかげか、ここはいつも被害がないのです。

ともあれ、雨のせいで外に出ることもほとんどなかった。今日久しぶりに歩いてみたら、すぐに足先からジンジンしてきて、血が脚じゅうを駆け巡り、一気に体が熱くなるのを感じた。

昨日今日と、朝方起きてEURO2008を見ていたので、どうも時間が狂っている。今朝のスペイン×イタリア戦は延長の前半で眠ってしまったけど。イタリアのサッカーを見てて、いつもムカムカしてくるのは僕だけ?

とりあえず応援しているスペインが勝ったのでよかった。お気に入りはフェルナンド・トーレス(僕は勝手に王子様と呼んでいる。プレミアリーグのなかで彼を見ていると、場違いな美少年がプレーしているようだから)。どんな無理そうなロングパスにも追いつけているからすごい。スペインに優勝してほしいけど、最終的にはドイツなんじゃないかと思う。

一方、今ではほとんど見ることのないプロ野球だが、交流戦でホークスが優勝したということで、ローカルニュースや地域の情報番組はちょっとばかり盛り上がっている。せめてパリーグで優勝せんと意味ないやろ?という気もするが、常に最強と言われながらここ数年喜ばしいことのないホークスには、ささやかながら久しぶりの慶事でした。

私の日常もどうでもいいことばかりなので、たまには喜ばしいことが欲しいものだ。いや、なんでも自分次第か?

|

« ビル・クリントンの講演料 | トップページ | 今回は徹夜でも元気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペインとホークスと:

» EURO 2008 準々決勝-4 ドイツの相手は久々に強いスペイン 素直にうれしい ! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
先ほど終了したEURO 2008 準々決勝-4  グループD1位 2位の対決となったスペイン vs ロシア スペインが 3 vs 0と快勝です! 前半34分、エースのビジャが筋肉を痛め交代したとき「やばいかも..」と思った。 が交代で入ったセスク・ファブレガスがパサーとしての能力を遺憾なく発揮。 策士ヒディングにしても、前回のオランダ戦のような驚きの4-1-3-2のシステムは組めず標準的な4-3-3。 スナイデルだけを抑えれば展開がかわってしまう先日のオランダと違い、今日のスペインのようなパスサ... [続きを読む]

受信: 2008年6月27日 06:37

« ビル・クリントンの講演料 | トップページ | 今回は徹夜でも元気 »