« ようやく新茶の季節 | トップページ | すっきりしないのは »

2008年5月 2日

本当に無責任なのは誰?

揮発油税などの暫定税率再可決を受け、福田首相は「歳入不足が継続する無責任な状態を解消する必要があると判断した」と述べた。

いかにも地方のことを考えているかのような発言だが、よく考えてもみよ、暫定と言いながら30年にもわたってズルズルと当たり前のように税金を取ってきた悪の元凶は誰か。自分たち自民党ではないのか。長く続けてきたから、それが当然のシステムになってしまって、いざなくなると慌ててしまう。無責任と言うのなら、自分たち国会議員なかんずく自民党で長く議員を続けている人たちに言ったらどうなのだろうか。

何の問題をとってもそう。肝心なところに何の反省もなく、何のメスも入れられず、それでいて、いかにも国民のことを考え、大事を成しているかのような態度。そして、無駄な金が使われていく。アホくさいなあ。

|

« ようやく新茶の季節 | トップページ | すっきりしないのは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当に無責任なのは誰?:

« ようやく新茶の季節 | トップページ | すっきりしないのは »