« どこかに同じ時間があった | トップページ | BusinessWeekの記事から »

2008年5月20日

すべてに美しさが宿る

僕が勝手に B road (イギリスの高速や幹線以外のふつうの道路)と呼んでいる田舎道が隣町の外れにある。夜は街灯も家の明かりもなく、自分の車のライト以外、そこは闇に包まれている。

今晩その道を走っていた。上りながら大きくカーブを切ると、前方に突然、まん丸のお月様が現れる。それはとても神々しく慎ましい柔らかな光だった。後ろから車は来ていなかったので、道の真ん中でブレーキを踏んで、そのままそこでちょっとばかり眺めていた。

雨もいいが、こんな月は晴れた日の夜にしかお目にかかれない。すべてに美しさが宿り、すべてに意義があるのだと思う。

|

« どこかに同じ時間があった | トップページ | BusinessWeekの記事から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべてに美しさが宿る:

« どこかに同じ時間があった | トップページ | BusinessWeekの記事から »