« ブログをいじる一回性 | トップページ | ブクログに登録 »

2008年4月18日

『乳と卵』―文体に惹き込まれて

乳と卵

読もう、読もうと思っていた川上未映子さんの芥川賞受賞作『乳と卵』(文藝春秋)を今晩一気に読んだ。といっても、「一気に」というほど長いものでもないので、数時間の間に実は2回読んだ。

太宰が嫌いな理由の第一に「顔が嫌いだ」と驚くべき笑えることを挙げた三島にならって言えば、川上未映子の顔が、というか今の髪型がかもし出す顔の雰囲気が気に入ったので、これを読もうと思った。「川上未映子」という名前も、「柄谷行人」くらいにイイ、僕のなかでは。どこが?、と聞かれても答えるのは難しいが。ちなみに、この表紙デザインも古風な感じで好き。この辺も樋口一葉を意識してのことか?

芥川賞の選評は毎回興味深く読んでいるが、いつも辛口の石原慎太郎は今回はいやまして酷評で、「この作品を評価しなかったということで私が将来慙愧することは恐らくあり得まい」と豪語していた。僕は、ろくに小説を書いていない彼がなぜ長いこと選考委員をしているのか首を傾げるのだが、ともあれ『乳と卵』は彼が言うような酷い小説ではない。

もう一度、三島にならって言うと(というか、実際僕のなかにはそういう判断基準があるのだが)、文体が気に入ったので、読了する気になった。彼女の文体は面白くて、一文がひとつのモードで貫かれてないところが多く、それが不思議なリズムになっている。読点でつながれて長ったらしくても、きれいに流れている。

たとえば、こんな調子。

巻子はわたしの左側に立って、緑子はわたしの右側に立って、椅子は全部埋まってあって、電車がゆるやかに揺れるたびに並んでる人の肩が同じように揺れ、今日は徹底的な夏の日であります。(23頁)

「乳」はきっと「父」と交差しているし、「卵」は「卵子」でもあるし最後のほうで出てくる「生卵」にも係っている。母娘がふたりして卵を頭に叩きつけるという動作、そしてわめき叫ぶ言葉に、きっといろんな意味が含まれているのだと思う。

|

« ブログをいじる一回性 | トップページ | ブクログに登録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『乳と卵』―文体に惹き込まれて:

« ブログをいじる一回性 | トップページ | ブクログに登録 »