« 頭からしっぽまで食べ尽くす | トップページ | ようやく新茶の季節 »

2008年4月30日

じっとしているやつとクネクネ動き回っているやつと

庭を眺めながら考えごとをしていたら、松の枝になにやら光沢のある緑色の物体を発見。

もしやと思って近づいてみると、案の定小さなカエルが一匹、間抜けな顔をしてちょこんと入り組んだ細い枝に乗っかっていた。

君たちはみんな、案外と木の上が好きだねえ。

間近で覗き込みながらそう声をかけてみた。もちろん黙殺。

まあそうやって何時間でもそこでじっとしていたまえ。とても人間様には真似はできぬ。

今年も、これからしばらくは、こうやってかわいいカエルたちがどこかの木の枝で優雅に固まっているのを見ることになるだろう。

ふふっと笑みがこぼれた瞬間、下のほうでガサガサという嫌な音がした。こちらはもしやヘビ? 全身が凍りつき、下へ目をやると、15センチくらいのトカゲだった。ふぅー、なんだ、焦ったじゃないか。

捕まえてやろうかと思ったが、彼には彼の意味があって、クネクネしているのだから、邪魔はするまいとやめた。

まあ頑張りたまえ。

お前もな、と言われそう。

|

« 頭からしっぽまで食べ尽くす | トップページ | ようやく新茶の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じっとしているやつとクネクネ動き回っているやつと:

« 頭からしっぽまで食べ尽くす | トップページ | ようやく新茶の季節 »