« ネットの時代とアダム・スミス | トップページ | 漱石のメッセージ »

2008年4月24日

もっと捨ててみるか

朝、県のとある機関に出向き、滞っている案件の話し合いをした。とても前向きに協議ができ、こちらの無茶な条件ものんでくれた。

その後、待ち合わせをしていた人たちと、大名の和食のお店でちょっとした食事会。昼間っから酒を飲むと疲れるなあ。辺りの小さなお店をブラブラして、喫茶店でちょっと寝てしまった。

丸善で、『佐藤可士和の超整理術』を数十ページ立ち読み。なるほど、と思うこと多く、面白かったが、買うまでには至らなかった。ちなみに僕も整理するのが好きで、どんどん「捨てる」ほう。さらにそれを激しくしてみようかと思った。

洋書はオバマ関係の本が売れているようだ。ノミネートされたら読もうと思う。

『漱石文明論集』(岩波文庫)所収の講演を読み返す。漱石先生には実に深みがある。現代の日本人にも十分意味のある警告と指針を述べている。明日にでもそのことは書こうと思う。

|

« ネットの時代とアダム・スミス | トップページ | 漱石のメッセージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと捨ててみるか:

« ネットの時代とアダム・スミス | トップページ | 漱石のメッセージ »