« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月23日

みんなから学ぶべき点がある

外ではずっと雨が降っている。雨は人間の熟成に大きな役割を果たしているのではないかと思う。だから、雨が落ちているときは、ことさら貴重な時間に思える。

昨晩のセミナーは、とても楽しくできた。テーマを決めて話すのは、準備することでとても勉強になるが、終わったあとに質疑応答をして、そこで発見した知識の足りない部分をあとで補っていくのもかなり力になる。

コミュニケーションを通じての学習は、かなり頭を強化してくれる。そこに介在しているのが、自分ひとりのちっぽけな発想、観点、アプローチではないから。たとえば、ふつうの主婦の方の平凡な疑問のなかにも、豊かな発想の源泉が潜んでいる。こちらが傲慢にならない限り、いろんな人から学ぶべき点が見えてくるものだ。

竹中平蔵さんがテレビでしゃべっているのを聞くといつも思うことだが、歯切れが良くてクリアだ。それに比べて、政治家たちのなんとお粗末なこと。竹中さん(あるいは小泉)へは賛否両論あるだろうが、日本に求められるのは、抜本的な国のかたちの変革であって、ちまちました議論でないことは確かなのだ。

公明党なんか、聞こえのいい「国民」とか「庶民」とかいう言葉ばっかり使わないで、何か大きな政策をなぜ打ち出さないのだろうか。「加憲」とか「論憲」なんてしょうもない逃げ道を残すような、弱腰な、成り行きまかせなことばっかり言わず、まず自分たちが打ち出したらいいじゃないか。

自民党の選挙当落の鍵を握っているのは確かなのだから、自分たちの政策に乗ってこなければ選挙の支援をしないぐらいの勢いで揺さぶればいいのに。ドクターヘリとか児童手当、また何か問題が起こったときのお得意の早急な支援対策もいいけど、偉そうに与党としての実績や立場を述べるのであれば、もっと根幹の部分でその権力を存分に使ってほしい。自分たちしか国民のことを考えていないかのような言い分はもううんざりだ。

文句はこれぐらいにして(本当に頑張ってほしいし、どうにかしてほしいのです!)。

雨は続く。僕は、僕なりに真面目に、関わっている人たちがみんな楽しく幸せになるために、頭をひねり努力していくのみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日

学ぶ喜び

ここ数ヶ月で初めて、目覚ましが鳴る前に自然と起きた。まるで憑かれたような身の起こし方だったのを覚えている。不思議な感覚のまま一日を過ごした。

細切れの時間に読書をしたり勉強したり。明日話す内容をどう面白く構成しようか悩む。

ふと、高校時代によく語っていた「学ぶ喜び」というフレーズを思い出す。勉強というのはイヤイヤやってもあまり身につかない。何か単純なことでいいので、たとえば「知りたい」という欲求だけでもいいと思うが、前向きな姿勢があり、そしてそれを理解したとか人に伝えることができたとか何かの達成感があるとき、人は学ぶ喜びを知る。

茂木さんは、そのことを、嬉しくてドパミンが出て学習が成立するという観点から述べている。

僕はなんだか、自分の心の奥底から大切なものを再発見した気がして、楽しくて仕方がなかった。

セミナーで知り合って交流が始まった薬剤師の人から、いろいろと問い合わせがくる。「勉強をせねば」と強く思ったらしい。本人も認めているし、周りの薬剤師を見ていてもそうだけど、人体や健康のことについて思ったほど知識はない。医者を見ていても、そう感じる。専門以外のことはほとんど知らないと思って臨んだほうがいい。

人間を全体として見ることの重要性を強く感じる。そうでなくて、いったい何がわかるというのだろうか。病気にしても精神性にしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日

トマト、でこぽん、……

高級トマトを栽培している知り合いの農家から、久しぶりに新鮮なトマトが2箱送られてきた。突然、うちに送らねばと思ったらしい。まるでスイカのような甘みと水分だった。いろんな人に分け与えたら、あっという間になくなった。

お客さんが、ナイロン袋いっぱいにでこぽんを持って来てくれた。うますぎて食べ過ぎたら、ちょっと胃の調子がおかしくなってしまったようだ。

他にも、採りたてのホウレンソウやら高菜やら。高菜ごはんはうまい!

いろいろと仕事が進む。大きなリース仲介ができそうな感じ。頼まれていたネットの仕事も基本が決まった。

部屋の掃除、仕事場のデスクの整理。僕はきれい好きじゃない人とはとても一緒に過ごせない。最近はかなり緩んでいるが、それでも周囲の人にとってはうるさい存在らしい。終了後にオレンジのアロマスプレーをして、ああすっきり。

彼岸の祈念をして、エビスの黒ビールで乾杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日

ブレーキをかけて応対

朝、サプリのセミナーをやる。今日は午前中だから少ないだろうと思ったら、今回も50人ほど来られて、狭い会場はいっぱい。うららかな気持ちの良い朝だったので、あまり気合いを入れずにおこなった。ゆる~く楽しく。

クスリ的な考えで臨んではいけないことや、食の基本にできるだけ立ち返ろうということ、食の機能とサプリの関係などについて話す。なるだけ具体的な事項を挙げながら。あと質疑応答。

終了後もいろいろと質問を受けた。大事なのは、分からないことは分からないと言って、できる限り後で丁寧に答えてあげること。人の命や健康に責任を持てはしないのだから、かなりブレーキをかけて応対するようにしている。

午後から夜にかけて、久しぶりに家の仕事に没頭。これから3日間ぐらいは、もうひとつのコンサルのほうもしっかりやらないと追いつかない。

何も中身のない内容だが、とりあえずアップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日

話好きとはいっても

いろんなことを同時並行でやっていると、どうもうまくいかない。ひとつ引っ掛かることがあると、それが気になって気分がすっきりせずに、他のこともうまくいかない。不器用なのかもしれないと最近思うようになった。

昨晩はセミナーで2時間話した。有料で行ったのは初めて。50人以上集まってくれてありがたい。所詮人の話なんてたいして覚えてはいないものなので、とにかく楽しい集いにしようと努力した。皆さん喜んでくれた模様。

前も書いたけど、人前で話すのは楽しい。昨日も、昼間から早く話したいと思ってうずうずしていた。で早々と会場に着いたら、始まる前にそばにいた人たちとひとしきりしゃべり倒してしまって、すでに喉がカラカラになっていた。

いつからこんな性格になったのか、わからない。昔はスピーチするのが好きじゃなかったから。

僕の知り合い(といってもすでに関係は断絶しているが)の若手政治家は、とにかくよくしゃべる人で、それを自分でも誇っていた。僕はそれを冷ややかに見ていた。だって、人の話を聞いてないんだもの。そんなのは単なる自己満足でしかない。コミュニケーションではない。そこには味わいがなかった。

だから、そういうおしゃべりにだけは絶対になるまいと決めている。それだけは常に自分に言い聞かせている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日

closer, closer

日曜日の静けさはたまらなくいい。今日は留守番を兼ねて勉強。i-tunes のラジオでジャズを流したり、cherie FM でフランス語を聴いたり。

And when I see you then I know it will be next to me
And when I need you then I know you will be there with me
I'll never leave you
Just need to get closer, closer
Lean on me now, lean on me now

Travis の Closer を聴いていると、いかにもイギリスっぽいメロディだなあと思う。

今すぐ飛んでいきたい……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »