« 食物連鎖の皮肉 | トップページ | 明るい兆し »

2008年1月29日

ひそかにやっていた別の仕事

行くつもりのなかったサプリ関係のセミナーに、いろいろと搦め手から攻められてしまい、参加することになった。後ろで聞いていようと思ったら前に座る羽目になり、そんなことなら資料を持参したのにというぐらいいろいろ聞かれて困った。いちおう、ちゃんとした資格を持っているので、答えられないとまずいのだ。

アップダウンの激しい日々はまだ続いているが、どうにかなるさという思いで生きている。

ビジネスブログなどのネット上の広告戦略を中小零細企業向けに提供しようかなと思っていた時期があって、そのときの縁で今でも面倒を見ている会社がある。そこが、地味だけど思惑通りの展開になっていて、かなり新たな販売ができ感謝されている。特殊な専門機械ばかりなのだが、ねらいは異業種に売ることと利益率の高い中古機械を売ることだった。それが今のところバッチリ当たっているのだ。

元々、そこの機械を使う業界はずっと冷え込んでいて、倒産も相次いでいる。それで相談を受けたのがきっかけだが、僕は話を聞いていて、異業種で売れるんじゃないかと思った。また、どうにか生き残っていれば、ライバル企業が消えていく分、需要が増すと思った。実際にその通りになっていて、そこが持っているような機械を必死に全国規模で探している会社が、とくに異業種であったのだ。

来月には、東京から誰もが知る大手企業の系列研究所が機械を見せてほしいと来るらしい。それがうまくいけば、僕もひとつの自信になるなと思う。そんな話をしていたら、他の会社からも相談をされた。そこの業種は市場が大きく、かつニッチなところを攻めれそうなのと、製品の品質が高いものであることは間違いないので、力を貸そうかなと考えている。

そんなこんなで、またそっち方面でやる気を出していたら、「だったら自分の兄の事業をどうにかしろ」と言われ、そりゃあそうだと思い、そちらも知恵を振り絞ります!と宣言をしたところ。

|

« 食物連鎖の皮肉 | トップページ | 明るい兆し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひそかにやっていた別の仕事:

« 食物連鎖の皮肉 | トップページ | 明るい兆し »