« 干潟もいずれは | トップページ | 早起き人間になった »

2007年10月11日

プレーオフ負けてよかった?

なにゆえにホークスは、これほどまでに短期決戦に弱いのだろうか。これでたしか4年連続のプレーオフ敗退。

シーズン前は、今年こそは文句なしにホークス優勝、と多くの評論家が予想していたにもかかわらず、シーズン終盤のここ一番というところでも負けてばかりだった。

うーん、どうしてなんだろうか。福岡では王監督は神様みたいな存在だし、僕も大好きだが、冷静に見て、采配や士気の高め方に問題はないのだろうか。

でもまあ、シーズン3位だったんだから、負けてよかったかも。まかり間違って、日ハムにも勝って、日本シリーズも勝ったりしたら、リーグ3位だけど日本一なんていう、へんちくりんな結果になってしまうもんね。

このプレーオフの制度、アメリカと似て非なるものでしょう? 別にリーグ内に地区が分かれているわけではないのに、なぜかプレーオフをする。6チームしかないのに、なぜか半分が日本シリーズに進めるかもしれないという大確率。長いシーズンが終了した時点で、12球団中6球団に日本一になれる可能性が残っているなんて、どう考えたっておかしいだろう? 3位どうしが戦う日本シリーズって価値があるか?

野球を盛り上げ、かつプレーオフに意義を持たせるためには、昔パリーグでやっていたように、シーズンを前期・後期に分けて、各優勝チームが戦ってリーグ優勝を決めて、日本シリーズに進出するというふうにしたほうがいいんじゃないの。あえて、プレーオフをしたいならですよ。

でも、僕はそもそも、プレーオフ自体必要ないと思っている。こんなものは、イギリス下院のクエスチョンタイムを真似て党首討論を導入したのとまったく同じで、あまりにも浅はかなものごとの決め方である。 

|

« 干潟もいずれは | トップページ | 早起き人間になった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレーオフ負けてよかった?:

« 干潟もいずれは | トップページ | 早起き人間になった »