« 早起き人間になった | トップページ | 食べ過ぎないことが肝心 »

2007年10月18日

「快」を保つ

最近は不愉快なことがあっても、楽しく笑い飛ばすようにしている。「快」を保つことがいろんなことの成功の秘訣。わけのわからんことを言ってくる人もいて、もっと物分かりのいい人になってよね、とうんざりすることもあるが、そんな人も自分の心の反映だと思うと、温かい眼差しを向けられる。それでも、話の通じない人とはできれば付き合いたくないけど。

「快」を保つひとつの方法は、楽しいことを考えること。昨日は、ウィルコムのスマートフォンを買おうかどうか考えた。エッジを昔使っていて、そのときの電話番号を休止状態で残したままなんだけど、今やってるダブルバリューセレクトというのがちょっと魅力的だし、遠出するときもパソコンを持ち歩く必要もなくなるしなあと、限りなく買いたいモードに入っている。

今日は、『日経ビジネス アソシエ』の「手帳活用術」という特集を読みながら、あれこれと手帳の使い方に思いを巡らした。薄さが好きで、僕は何年も「超」整理手帳を使っているが、もっとシステム手帳っぽいものにしようかなという思いも少しある。デジタルでやる気はないし、今のところそこまでする必要もない。それから、Smythson の手帳を愛用している人が紹介されていて、それを見ていたら、何の変哲もないけど欲しくなった。昔お気に入りだったキーホルダーが、Smythson で買ったやつだったからだ。

考えるのはタダなので、ずっと楽しい気持ちで生きることも可能だ。子どものように、どんな状況にあっても、そこに楽しめる要素を見出せる人って、それだけですでに人生は充実した方向へ進むしかないようになっているんじゃないだろうか。

|

« 早起き人間になった | トップページ | 食べ過ぎないことが肝心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「快」を保つ:

« 早起き人間になった | トップページ | 食べ過ぎないことが肝心 »