« なんてことを考えつつ | トップページ | 違った不満がたまりそう »

2007年9月19日

底抜けに明るく

今日(18日)は、体感としてはこの夏いちばん暑く感じた。

朝から夜遅くまで、果てしなくメールと電話。丁寧にいろんなことに対応していたら、今日はそれだけでほぼ一日が終わってしまった。なんたること。でも、いろいろものごとは進んだのでいいだろう。わりと楽しい一日だった。

昨日、たくさん集まったある会合にぎりぎり間に合って滑り込んだら、知り合いの女性がすぐ前の席にいた。こちらを見て開口一番

「私ね、骨盤が曲がってるんですよ。へその位置もおかしいし」
僕「そんなことをいきなり、しかも聞こえるように言うんじゃないよ」「それに、へその位置がおかしいってどういうことよ?」
彼女「からだの真ん中の線にないんです」
僕「ああ、そういうこと。たくさんいるんじゃない、そういう人。でも、骨盤とか背骨は全身の健康に関係あるから、一度きちんと診てもらったら」

そして「太るよ」と痛い一言を添えてあげた。

何時間か経って、休憩のときの彼女の第一声……「太っちゃうんですよね」
僕、間髪入れずに笑顔で「うん」

乙女よ、うんと悩みたまえ。

われらが麻生太郎は、劣勢を百も承知で、また今回も出馬した。立候補しただけで、僕は彼に拍手だね。石原伸晃がテレビで言ってたけど、麻生さんは底抜けに明るい人で、最近(党務で)初めて近くで仕事するようになってそれを知り、びっくりしたらしい。あんな楽天家はいませんよ、と。ううん、見習ってできるもんじゃないけど、そういう姿勢で人生は臨まねばならんなと思う。

よく考えたら、西洋の人智は、ギリシャ的な徹底的に明るいところから生まれているのだ。そこには、それだけ色濃い影が地に張っているだろうが、その暗さははっきりとコントラストを描きながらも、やはり明るさへとつながっている。頭をもっとシンプルにして、クリーンにして、いろいろ考えずに生きてみよう。麻生太郎のべらんめえ口調を聞きながら、そう思った。

|

« なんてことを考えつつ | トップページ | 違った不満がたまりそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 底抜けに明るく:

» 体操骨盤 [体操骨盤]
体操骨盤は最近流行のダイエット方法でもあります。体操骨盤にアプローチすることで骨盤のゆがみを取ります。骨盤のゆがみをとることで痩せやすい体質を作ったり、腰痛や肩こりなどにも効果が。体操骨盤の方法や効果などを考えます。 [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 07:12

« なんてことを考えつつ | トップページ | 違った不満がたまりそう »