« 何かを書きたいのだが | トップページ | なんてことを考えつつ »

2007年9月13日

遅すぎて、早すぎて

最後まで安倍さんは鈍感だった。辞めるタイミングとしては最悪だ。参院選惨敗のあとも居座ったという意味では遅すぎるし、国会が開会したばかりという意味では早すぎる。

指導者としての美学を求めるのであれば、選挙後に辞めなかったのだから、この際テロ特措法の問題に結論が出るまで、努力を続けるべきだった。職を賭すとまで意気込んでみたのだから、「とことん頑張りました、でもダメでした」というところまで、根性出して粘ってみるべきだった。

ここで辞めるんだったら、選挙後のしがみつきようはいったい何だったのだろうと思わざるを得ない。「昭和の妖怪」といわれた祖父・岸信介が60年安保のさなか、新安保条約成立までに見せたような強靭な精神力は、まったく受け継がれていなかった。

僕はずっと安倍さんに批判的で、小泉さんと安倍さんは似て非なるもので、絶対にこの人にはリーダーシップがないと思っていたし、そういうことをここで何度も述べてきた。ブラウン管を通して見ただけでも、それが透けて感じられたのに、どうして圧倒的多数の自民党議員が彼を総理総裁に選んだのか。僕は、総裁選のときに彼を推した人々は責任を感じるべきだと思う。

僕は、彼に深い思想や政策があるとは一度たりとも感じたことがなかった。何かぼんやりとした戦後というものへの苛立ち、薄っぺらいありきたりのナショナリズム、大統領的な政治運営をしたいという幻想。そんなものしか感じなかった。彼を支持する議員の声を総合すると、結局は「人が良い」という以外に何も答えらしきものはない。そんなもので政治はできっこない。僕にとっては、すべてにおいて、ただただつまらない人だった。

安倍さんは運が悪かったのではない。不測の事態が起こっても、きちんと対処できれば問題はなかったはずだ。運が悪かったのではなく、彼自身に指導者としての能力が相当足りなかったのだ。このタイミングで辞任するという無責任さに、それが象徴的に表れている。

|

« 何かを書きたいのだが | トップページ | なんてことを考えつつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅すぎて、早すぎて:

« 何かを書きたいのだが | トップページ | なんてことを考えつつ »