« 外へ出ろ、汗をかけ | トップページ | 低体温症は国を滅ぼす? »

2007年8月 6日

似すぎていて感動

今日お会いしたおば様は、昔憧れていた女性に驚くほど似ていて、その子が40半ばぐらいになったらこんな感じだろうなと想像できるほど、目の動かし方や笑った表情まで、そして関西弁というところまでそっくりだった。

見れば見るほど重なってしまって、いかんいかん、とわれに返ること数度。果てには、「この人、親戚の人じゃないか?」とか、「あの子、年の離れたお姉さんがいたっけ?」とか、あり得ないバカなことを考えたりしていた。これだけ似ている人に会うと、ちょっと感動する。

朝早くから出かけていて、何人かの人に会い、セミナーに参加したりした。真面目なテーマで話し合ったり、気づいたこともあるのだが、それはまた明日にでも書こうと思う。眠くなってきてしまった。

|

« 外へ出ろ、汗をかけ | トップページ | 低体温症は国を滅ぼす? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 似すぎていて感動:

« 外へ出ろ、汗をかけ | トップページ | 低体温症は国を滅ぼす? »