« それを求めてはいけないのだ | トップページ | 努力しないと結果は出ない »

2007年8月21日

佐賀北の記憶

甲子園で旋風を巻き起こしている佐賀北高校。僕の田舎からは離れているけど、ちょっとばかり思い出がある。

17歳で亡くなった2番目の兄は、中学卒業と前後して腎不全と診断され、即入院となった。それから2年間、入退院を繰り返すことになるのだが、どうしても高校に行きたかった兄は、闘病生活を送りながら、通信制で勉強しようとした。当時、通信教育をやっている高校でいちばん近くにあったのが佐賀北高校だった。

通信制とはいっても月に何度かは登校しなければならない。家族が車で送り迎えするときに同乗して、僕も何度かこの高校へ行ったことを記憶している。僕のなかでは、それはずっと寂しさとともにあった。

今度、甲子園での初戦を見たとき、あの学校かと懐かしく思い出した。すぐに負けると思ったら、開幕戦を制し、延長引き分け再試合をおこない、延長サヨナラ勝ちをおさめ、ついに決勝まで行っちゃった。

しかも進学校らしく、時間があるとみんな宿舎で勉強しているという。特待生問題が発覚した矢先だけに、地元だけの佐賀北高校の野球部の躍進は、真に高校野球らしいと思う。

エースの久保君がはなわに似ていると思った人は、そこらじゅうにいるようだ。監督の素朴さにウケているのも、僕だけではないらしい。島田洋七はどっちを応援するのか?といったお節介な話も笑える。

準々決勝の帝京戦はしっかり見たけど、贔屓目ではなく、あれは素晴らしい試合だったと思う。明日は勝っても負けても拍手だよ。僕のなかでは、もう佐賀北は明るい記憶として過去とつながっている。

|

« それを求めてはいけないのだ | トップページ | 努力しないと結果は出ない »

コメント

おめでとうございます!
お昼に少し見ていたら2点リードされていたので、
負けちゃったかなと思っていたら、
なんとまあ劇的な勝ちかたで、ビックリしました。
素晴しいです。おめでとうございます。

投稿: エスプレッソ | 2007年8月23日 10:08

どうもありがとう。って言っても、ご存知のとおり、別に僕の出身校でも地元でもないんだけどね。

こういうときって、「女神」っていう表現がしっくりくるねえ。「諸天」じゃ、ちょっとなあ。

投稿: マンデリン | 2007年8月24日 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀北の記憶:

« それを求めてはいけないのだ | トップページ | 努力しないと結果は出ない »