« 岩波文庫80年のベストセラー | トップページ | 何度かウルウル »

2007年7月17日

不安は的中

髪を切りに行った。

いつもは、女の子が丁寧に顔剃りをしてくれるのだが、今日は美容室のほうのお客さんが多くて、そちらのほうで手いっぱい。そこでマスターがじきじきに剃ってくれることに。僕はそこで嫌な予感がした。ふだん細かい作業は人任せでやってないから、案外下手なんだよね、こういう立場の人。

案の定、剃り進めるとともに、血のにおいがする。あとで見たら、何ヶ所か細かい出血の跡ができていた。剃り残しもあるし。言っちゃ悪いけど、アシスタントの女の子のほうが作業がスムーズで、刃の当て方も上手でっせ、マスター! まあ、そうしたもんでしょう。どんなことでも日々のプラクティスは重要ですなあ。

髪を切りに行くと、あとで具合が悪くなる。ふだんとは違うシャンプーを使うし、店内に蔓延するスプレーなどのいろいろなにおいを吸うのがいけないんだろう。こんなに違うかというぐらい、体が反応する。今もまだちょっと頭が痛い。

美容室って、健康にとってはおそらく良い環境ではないのだ。

|

« 岩波文庫80年のベストセラー | トップページ | 何度かウルウル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不安は的中:

« 岩波文庫80年のベストセラー | トップページ | 何度かウルウル »