« マイ箸は僕も実践しようかと | トップページ | パンから溢れ出るもの »

2007年7月 1日

「憎いし、苦痛」

ご無沙汰です。6月はまるでバイオリズムを反映したかのように、1週間ごとに書いて書かなくての繰り返しだった。

今わが家は構造改革?の真っ只中で、月末はいつも苦しい。今年いっぱいぐらいは小泉流にいうと痛みを伴うのだが、僕の人生のなかでこんなにたいへんなのは初めてだ。でも、精神的な状態と記事のアップとは実はそんなに関係なくて、一度途切れるとそのあとは「まあいいか」と思うだけである。それから、先月下旬から毎日決めて勉強していることがあって、それがどうしても夜にずれ込むので、ブログを書いている時間がなかった。ということで、何人かの人にメールを頂戴したが、元気ではあるのでご心配なく。

で、月も変わったし、1年の後半のスタートだし、また書こうと思った次第。デザインも変えてみた。夏っぽいのか夏っぽくないのか微妙……。

関西方面の友人からお菓子が送られてきて、朝早く母に起こされた。起きていちばんに小豆入りのお菓子を食べるという、あり得ない一日の出発をしてしまった。それから、ずっと仕事している。

ブログを書かなかった間、今の政権に対する怒りが醸成されていった。日に日に早期の安倍退陣を願う僕の気持ちは高まる。

「美しい国」を反対に読むと「憎いし、苦痛」。他の人のブログを読んで知った。笑える~。今の政権に対する僕の心境を代弁している。ともあれ、いちいち感覚ずれてるよ、あの人。

同じくブログを書かなかった間、第二の故郷イギリスでは、ブレアが No.10 を去り、アンリはバルサの人となってしまった。つまらないなあ。

何を書いているのか意味がわからないが、とりあえず今月は少しでも前進した形跡を残したい。でも、29日夜に結局「安倍自民大勝」なんてことになったら、僕はこの国を捨てたくなるかもしれない。ああ、そんな事態になりませんように。

|

« マイ箸は僕も実践しようかと | トップページ | パンから溢れ出るもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「憎いし、苦痛」:

« マイ箸は僕も実践しようかと | トップページ | パンから溢れ出るもの »