« パンから溢れ出るもの | トップページ | 香水を使わなくなってしまって »

2007年7月 3日

政治家と言葉

辞任したあとも、久間さんは記者団に「九州ではよく『しょうがない』と言うんだよ」と弁明していた。

たしかによく使う気がするし、そういう思考回路の風土であるのも認める。災難が降りかかったり、辛いことがあったりしても、「しょうがないさ」とへんに割り切ってしまったり、意見が合わなくても「しょうがないなあ」とすぐ妥協したり。僕のこのブログを読み返しても、きっと似たような思考が表現されていることがあると思う。

「しょうがない」という言葉には、複雑な気持ちが包含されている。久間さんを擁護するわけじゃないけど、原爆投下に対する彼の考え方は、報道されているような単純な見解ではないはずだと思う。原爆の体験や資料に触れて、感情の波が打ち寄せない人間はまずいないと思うし、ましてや彼は長崎の人間だ。

それでも、政治は言葉の仕事なのである。とくに言質を取られないようにするという消極的な意味で、徹底して言葉が意味をもつ仕事である。だから、軽率な発言は命取りになるし、だから、政治家の言葉は多くの場合つまらない。

久間さんは自らの発言の重みをあまりにも軽く見ていた。失言した場合の政治家の事後策は、それをすぐにきっぱりと撤回することだ。それもしなかった。それどころか撤回を頑なに拒んだ。だから、あとで陳謝しても意味をなさず、批判は高まる一方で、最終的に辞任せざるを得なくなった。その決断も遅すぎたので、それこそ仕方なくなんだろうとしか思われない。

それに輪をかけて悲惨な状況にしているのは、ほとんど反省がうかがえないことだ。野党が辞任要求するという動きに「そんなもんよくあること、ほっとけ」と切り捨てたり、辞任したのは「マスコミが変な報じ方をしたから」とか「選挙のため」と理由づけしたり。ああ、なんという悪循環。

安倍さんも相変わらず後手後手の対応だし。こんなところで鈍感力を発揮してどうするよ。なにゆえにそんなに鈍い感覚でいられるのか、不思議でならない。

しかし、しかしである、戦後日本はアメリカの核に守られてきたわけだし、北朝鮮や中国の核の脅威をまったく無視はできないのである。だから、核の問題を感情だけで論じてはいけない。真に核廃絶を促していくのであれば、国も政治家も活動団体も国民も、とてつもない決意と深い知恵と緻密な戦略が必要だ。そのためには議論をしなければならないけども、それがまったくできないのがいちばんの問題である。

|

« パンから溢れ出るもの | トップページ | 香水を使わなくなってしまって »

コメント

久間氏の鈍感さと言葉の貧しさにはたしかに呆れますね。
どこかのブログにも書かれてましたが、これは安倍さんを引きずり下ろすための自爆テロ?と一瞬疑ってしまうほどの選挙前では有り得ない発言です。
しかしその一方で、感情的な批判が渦巻いて『被害者絶対主義』といいますか、何か嫌な世の空気を感じなくもありません。

小池百合子防衛大臣になって逆に民主党は苦しくなったかもしれませんね。
人気取りといわれてもしょうがない人事ですが、あの人は人を黙らせる華がありますから知らない内にこの騒動も忘れ去られるんでしょうね。
あー、嫌だ嫌だ・・・。

投稿: luchino001 | 2007年7月 6日 01:19

そうですね、いろんなことが感情で押し流されていくっていう傾向が、ますますひどくなっているんじゃないかと思います。今じゃニュースまでワイドショーみたいでしょう。

殺人が起こったら、その加害者も被害者も徹底して掘り起こしてセンセーショナルな報道をする。もううんざりですね。

政治でも宗教でも社会でも、いろんなレベルで議論ができない国。こんな国捨てたくなってきます。でもね、ここが僕らの生まれ育った国なんですよ。自分のまわりだけでもどうにかしなきゃと思います。

投稿: マンデリン | 2007年7月 7日 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治家と言葉:

« パンから溢れ出るもの | トップページ | 香水を使わなくなってしまって »