« パフェ食べながら盛り上がる | トップページ | 松に見守られ »

2007年7月30日

鈍感の果てに続投

期待通り、選挙は自民党の歴史的大敗で終わった。これで僕もなんとかこの国を捨てずに済んだ(7月1日参照)。僕は自民党シンパだけど、安倍自民党なら負けたほうがいいと思っていた。

安倍さん自体には何の問題もなかった、という自民党のとらえ方は間違っていると思う。彼自身が否定されているのだ。多くの問題について、彼が取ったリーダーシップに嫌気がさしているのだ。

自民党は本当に、安倍総裁を守るしかないほどリーダー不在なのだろうか。彼よりは少しはましなのがいくらもいるだろうと思うのだがどうだろう。僕は何度もここで書いているとおり、総裁選の前から、なぜ安倍さんを狂信的に支持する議員が多いのか理解に苦しんでいる。僕には、これほど中身を感じない、人間の深みを感じない総理大臣は今までにいない。おそろしく空虚なのだ。少なからず僕と同じように感じている有権者が多いのではないかと思う。

年金についても、彼は最初キレていたではないか。そんなことをいう国民が悪いように言っていたではないか。松岡さんが自殺しなければ、いまだに消えた年金問題は何も進歩していない可能性は十分にある。その程度の感覚だった。すべてにおいて、この人の感覚は鈍い。鈍すぎる。その果てが首相続投だ。どう考えたら、改革路線は支持されたと思う、となるのだろうか。なんでそんなことを平然と言えるのだろうか。

きっと、このまま居座っても、時間がたったらまた人気が戻るよ、という考え方なんだろう。国民もバカにされたものだ。

|

« パフェ食べながら盛り上がる | トップページ | 松に見守られ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈍感の果てに続投:

« パフェ食べながら盛り上がる | トップページ | 松に見守られ »