« 美を追求するしかない | トップページ | なにものであるのか »

2007年6月18日

その場凌ぎは壊滅へ向かう

丸山弁護士の出馬会見の報道を見て、はあ?だよ。選挙だから別に誰が出てもいいけど、「今回は自民党の土俵を借りる」と言ったり、自民党から出ることに「矛盾があると思う」と認めたり。これじゃ、ほとんど丸川珠代と似たり寄ったりじゃん。政党ってなんなんだろうなあ。まあ、現代における政党政治の限界が、こういう観点からも見て取れるのかもしれない。

自民党もその場凌ぎのことばかりやっていると、長期的には壊滅の方向に向かうということが分からないのだろうか。ただでさえ、公明党(というか創価学会)に票をもらわないと、とくに衆議院の多くの小選挙区は当選が危ういぐらい、悲惨な状況に陥っているのに(公明党のわずかな小選挙区も、自民党の協力がなかったらひとつも取れないだろう)。

民主党でも本当は構わなかったような有名人たちに頼るとか、自分たちの組織が崩壊しているから他党の組織票に頼るとか、そんな小手先の手段ばかりで無理に選挙に勝とうとすればするほど、取り返しのつかないぐらい党の弱体化につながっていく。たとえそれで、そのときの選挙は凌げたとしても。

小泉さんと安倍さんが総裁になれたのも、つまるところイメージだ。顔がどうかということだ。政策とか資質とか党の路線とか関係なく、リーダーのイメージに頼ってできる限り票を取るしか、もう残されている道がなかったからだ。それだけ苦しい党勢である。

僕は、自民党のためにも、何回か国政選挙で負けたほうがいいと思う。そこから再生したほうがいいのだ。

|

« 美を追求するしかない | トップページ | なにものであるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その場凌ぎは壊滅へ向かう:

« 美を追求するしかない | トップページ | なにものであるのか »