« 生活習慣を変えられないから厄介 | トップページ | 成長や消費ばかりを追っていいのだろうか »

2007年5月17日

何か障害者と関わることをしようと

新聞の取材で、ある障害者作業所の所長を訪ねてきた姉が興奮気味に帰ってきた。エネルギッシュでビジョンを持った素晴らしい人だったと感心することしきり。しばらく話を聞いてあげて、クールダウンさせた。

わが家にも障害者がいて、多くのことを経験してきた。それに、その子がいる施設では兄が役員を務めている。障害児教育を専門にしている地元の大学の教員とも長く交流を続けている。僕たちの仕事の関係もあって、障害を持つ人たちやその家族の方々との付き合いも多い。

あまり今まで考えずにきたけども、姉から話を聞きながら、わが家も将来的には障害を持つ人たちのために何か事業ができるようになろう、と兄たちと話し合った。障害と関わってきたのにも意味があるだろうから。うん、きっといつか。

|

« 生活習慣を変えられないから厄介 | トップページ | 成長や消費ばかりを追っていいのだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何か障害者と関わることをしようと:

« 生活習慣を変えられないから厄介 | トップページ | 成長や消費ばかりを追っていいのだろうか »