« 本当に大事なことは心に記憶されている | トップページ | 答えは海苔だった »

2007年4月 9日

首長のほうが面白い?

昼ごろになって起きた。座敷に行くと、花瓶にオレンジ色のキンセンカが挿してあった。近くの知り合いの方が持ってこられたそうだ。その続きの部屋のテーブルには、チューリップが数本挿されている。これはまた別の人が届けてくれたらしい。花が一輪でもあると、空間の雰囲気が全然違ったものになるから不思議だ。

夕方、知事選の投票へ。結果は最初から分かっているけど、選挙に行かないという選択肢は僕にはない。政治は好きだし、投票しない人に文句を言う権利はないと思うので。

最近、国会議員から知事や政令都市の市長に転じる人が多い。首長のほうが魅力があるのだろう。小さくても一国一城の主であるし、東京都にいたっては世界中の多くの国よりも実質的な力を備えている。

国会議員が当選したときのインタビューなどを聞いていると、どこか抽象的で空々しさを感じる。結局、議員というのは one of them でしかないからだろう。その点、首長の話は面白い。その人の考えとほぼイコールでこれからの政策を結びつけることができるからだろうと思う。

どこでもそうなのだろうと願いたいのだが、僕の実家の周辺自治体を見渡すと、けっこうやり手のしかも若手の首長が多い。地方に魅力的な知事や市長が増えるのは、日本の政治の将来にとって良い影響を与えると思う。

夜はまだまだ肌寒い。焼酎のお湯割りを飲もうっと。

|

« 本当に大事なことは心に記憶されている | トップページ | 答えは海苔だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首長のほうが面白い?:

« 本当に大事なことは心に記憶されている | トップページ | 答えは海苔だった »