« 空間があるのも良し悪し | トップページ | 欠落部分の意味するところは何だろう »

2007年4月14日

あやうい記憶

気分転換にブログのデザインを変えた。スパム対策は向上したようなので、コメントに関しては一旦保留を解除。リンクしていたブログのいくつかは消滅してしまっているので、とりあえず現在更新を自動的にチェックしているものだけに限定した。鉄血人文主義者さんはその後どうされているのだろう?

いらない本を古本に出そうと思って本棚の整理をしていたら、すごいものを発見した。

これ、大江健三郎の直筆サイン。ノーベル賞受賞後に出版された "Nip the Buds, Shoot the Kids"(彼の最初の長編『芽むしり仔撃ち』の英語版)というタイトルのハードカバーだ。

うーん、一体どこで手に入れたんだろうか。まるで思い出せない。大江さんに会ったのかなあ。どっかで講演を聴いたのだろうか。東京で買ったんだろうか、ロンドンだったのか。こんな重要なことを忘れ去っているなんて、いったい私の頭はどうしてしまったのだろうか。

でも古本行きにならなかったのは、手に取った瞬間、何か感じるものがあったからだ。サインとは結びついていなかったけども、「この本、何か特別じゃなかったかな?」という考えが横切った。もう途切れんばかりのかすかな記憶が残っていたのだろう。

他にも、持ってないと思い込んでいて、Amazon で購入するつもりだった英語の書籍が出てきたり。いやはや、あやうい記憶の基盤のうえで生きていることよ。

|

« 空間があるのも良し悪し | トップページ | 欠落部分の意味するところは何だろう »

コメント

衣替えですね!
なんか新緑のあいだをすがすがしい風が吹き渡っていくようです。
ちょっとお邪魔続きになってしまったので違う名前にしてみたけどkyonoです(^.^)

よく見たら、弊ブログまで載せていただいていて大変恐縮なんですケド…。だいじょぶかな…。

まぶたの具合はいかがですか?
私も前にやったことあります。いつのまにか治っていたけど。
ちょっと気持ち悪いですよね。
自分では意識してないのに、鏡で見たらピクピクって動いたりして。
どうぞお大事になさってくださいね~。

私も昨日、友だちと記憶の話をしてました。
記憶と事実と真実は違うんだろうねって。
まぁそんな大きなことじゃなくても、日々私も記憶に不安を感じるようになり、仕事では付箋頼り。覚えようとしないことにして。
でもたくさんありすぎると見落としちゃって、結局ポカすることは多々ありますが。

かといって、何もかも覚えていたら恥じ入ることばかりだし。
忘れるぐらいがちょうどいい、かもですね。

投稿: カフェ・クレーム | 2007年4月16日 00:37

衣替えしたのはいいけど、サイドバーが薄くて見にくいでしょう。今日買った最新号の『日経PC』にココログの広告があって、「こだわりのデザイン200種類以上」と自慢してあるんですが、そんな豪語できるようなものじゃないんですよね。どれもぼやっとしたものばかりで、消去法的にしか選べないのが現実です。僕が入っているプランではCSSやHTMLはいじれないし、他のところに移るのも面倒だなと思って、ずるずるココログと付き合っている。倦怠期のカップルみたいなもんですね。

僕の場合、付箋頼りをしていると、そのうち付箋を何のために貼ったのかを忘れてしまうという最悪の事態に陥ることしばしばです。貼るときにその付箋の意味するところを記入したらいいんでしょうが、日常ではそんなに丁寧な作業ばかりもしていられないし。貼ってても結局見返さないということもあります。

思うに、長い目で見たら、絶対に記憶しておかなければならないほど大事なことってそんなにないんですよ、きっと。

さてさて、フランスのカフェに入ると、カフェ・クレームってとってもおいしそうに見えるので、思わず頼みたくなりますね。イタリアでは、朝以外はブラックのカフェを飲むそうですが、フランスはどうなんでしょう?

投稿: マンデリン | 2007年4月16日 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あやうい記憶:

« 空間があるのも良し悪し | トップページ | 欠落部分の意味するところは何だろう »