« 答えは海苔だった | トップページ | 空間があるのも良し悪し »

2007年4月11日

制約のなかに創造が

それぞれの訪問先でいろんなものを飲み食いしてお腹いっぱいで帰ってきたら、家ではちらし寿司とケーキが待っていた。今日は3番目の姪の高校入学だったのだ。お願いだから寿司は半分で、と言って無理して食べているときに、近くのパン屋さんからさらにケーキを頂き、結局どちらのケーキも食べる羽目に。ふだんは9時以降には食べないで、ある程度お腹を空かせてから寝るようにしているので、今横になったら気持ち悪くなりそうだ。もう少し起きていよう。

たまたま見た今日の『プロフェッショナル 仕事の流儀』で、こんなことが語られていた。「制約のなかに創造がある」。ああたしかにそれはそうだなと納得した。人間のこの生のなかで、そもそも無限という条件が与えられることはない。有限という負荷があるからこそ、そこに思考が生まれ行動が起こるのであって、無限に対して挑戦は存在しない。

僕も今の生活環境をむしろ喜んで感謝して、ここで精神的にも実際上も何かつくり出していこうと、あらためて自分自身に言い聞かせた。

|

« 答えは海苔だった | トップページ | 空間があるのも良し悪し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 制約のなかに創造が:

« 答えは海苔だった | トップページ | 空間があるのも良し悪し »