« イスラムのことも勉強しなければ | トップページ | プラトンにはまっていた頃 »

2007年3月15日

日帰りで東京へ

さくっと日帰りで東京へ。結局、兄の代わりに僕が行くことになってしまった。泊まらないで帰ってくるのは初めて。なんだかもったいない感じもするが仕方ない。

帰りの便で、通路を挟んで斜め前に座っている人が、フットレストを強引に手で上げようとしていた。いや、それはボタンを押すんだよ、と教えてやりたかったが、声を出すには遠すぎたのでやめた。真っ当な人であれば、問題解決能力を有しているはずだから、そのうちきっと分かるだろう。果たして約1分の格闘ののち、脇にあるボタンに気づいてくれた。

羽田でアメリカン・エクスプレスのお姉さんに呼び止められ、渡されたカードをめくると「当たり」だった。まただ。この間も博多駅で当たったばかり。これで3本目のアメックスの緑のボールペン。ちょっと質の良いものだったら嬉しいけど、これが何の変哲もないふつうのボールペンなのだ。訝しげに「これ全部当たりなんじゃないですか?」と聞いたら、「いえ、そんなことはないんですよ」と当たり前の答えが返ってきた。加えて、「このボールペンは本当のアメックスのものですから」と。うん?、じゃあ偽物があるのかい?

羽田にはアメックスカードがあると無料で食事ができる場所があるが、第1ターミナルのほうなので、ANAばかり使っている僕はわざわざ行こうという気にならない。そんな話をそのアメックスの人としていたら、「ANA派なんですね。最近私もそうなんですよ」と。いや、別にANA派なんて呼ばれるような熱の入れようじゃないんですけどね……。この人はいちいち言っていることが面白かった。

行き帰りのフライトで、The Lotus Sutra の "simile and parable"(譬喩品)を読んだ。

|

« イスラムのことも勉強しなければ | トップページ | プラトンにはまっていた頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りで東京へ:

« イスラムのことも勉強しなければ | トップページ | プラトンにはまっていた頃 »