« 早起きはできない? | トップページ | 『たそがれゆく日米同盟』 »

2007年2月28日

希望はいちばん最後に死ぬ

「逃げる2月」はあっという間に終わってしまった。暖かな日が多かったなあ。本当に環境は大丈夫かと心配し始めた人も多いのではないだろうか。今日の昼間など、外で太陽の光を浴びていると、日差しの強さがかなり強くてびっくりした。でも、三寒四温というのはやはりまだきちんと機能しているようで、今晩は急にまた冷えている。

わが家が抱えている問題は減っているのか増えているのか、はたと悩んでしまった。大家族の行く末を安定させるべく陣頭指揮を執っていて、間違った方向へは進んでいないと思うのだが、それでも時々不安になる。

今日ひとつ決断をした。それは、マンションの賃貸をやめること。緊縮財政を強いているなか、家族に範を垂れる必要があるし、明らかにいちばん無駄な出費でもあるので。実際、最近はあまり使っていなかった。さっそく退去手続きを申し込んだ。

でも、半年経ったらまたどこか借りられるように、経済の立て直しをしようと思う。「だから、それが無駄じゃないの?」と問われそうだが、希望を持ってないとやってられないので。実際わが家は経済的に今けっこう大変な状況なのだが、語り合っているとすぐに、「ここに3階建てのビルを建てよう」とか「裏の土地をそのうち買い戻そう」とか「次はBMWを買おう」とか言っていて、傍から聞いていると「お前らアホだろ」というような家族である。

高校生の頃だったか、「希望はいちばん最後に死ぬ」というブラジルの諺を教えてもらった。その言葉を時々思い出す。苦しいときは苦しさを楽しめばいい。もう二度と苦しむことはできないかもしれないから。そして、闇はそのうち暁に変わり、冬は絶対に春になるのだから、それを期待して生きていればいいのだ。

明日から3月だ。

|

« 早起きはできない? | トップページ | 『たそがれゆく日米同盟』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希望はいちばん最後に死ぬ:

« 早起きはできない? | トップページ | 『たそがれゆく日米同盟』 »