« 世界史のなかで日本史を考えること | トップページ | 思考停止しているだけ »

2007年1月29日

あやうく事故に

ここ数日いろいろと解決しなければならないことが続き、精神的にどっと疲れた。ほんと、宇宙の見えない力にうまく動かされているようで、ぎりぎりのところでなんとか生かされている感じ。まだまだ見捨てられてない。

時間を見つけては、本をあちこち読んだり、細胞の勉強をしたり、YouTubeでOasisのビデオを見たり。食事会をする予定だったが、それはキャンセルした。

今日、交差点で止まっていたら、赤信号を無視して対向車線を前から車が突っ走ってきた。横方向からは、青信号なのでふつうに車が入ってくる。危ない!と思った瞬間、前方の車は横からの車を避けるためにこちら側の車線、つまり僕の車の目の前に進んでくる。思わずこちらも反対側にハンドルを切ったが、向こうは曲がりすぎて歩道へ乗り上げた。そしてそのまま歩道を走って、また車道へ戻って走り去った。ものすごいスピードで突っ込んで去っていったけど、何かから逃走しているようだった。

いやあ映画のいちシーンのようだったな。すごい速さだったのに、何度思い返しても、その瞬間はスローモーションだ。あの状況で事故が起こらなかったのだからすごい。そばの建物やガードレールにもぶつからずに狭い歩道を突っ切ったあいつはなにものだったのか。

もう一度言うけど、生かされているよ、ほんとに。

|

« 世界史のなかで日本史を考えること | トップページ | 思考停止しているだけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あやうく事故に:

« 世界史のなかで日本史を考えること | トップページ | 思考停止しているだけ »