« “<”を何と読む? | トップページ | 世界史のなかで日本史を考えること »

2007年1月25日

次から次へと

今日の茂木健一郎さんのブログは、読み終わったあとなぜか胸に迫るものがあった。素晴らしい友人、美しい人生、学問の意味……。いろんなことが凝縮されていた。

人生なんでこんなに苦しいのかと嘆いてみたり、これも修行ぞ、喜んで受けてみせると気合いが入ったり。まるでジェットコースターに乗っているみたいに、気持ちは上昇したり急降下したりする。

まあそれでも長い目で見たら、いろいろと乗り越えてきて、かなり強い人間になったのではないだろうか。何か起こっても、基本的に前向きな姿勢にすぐに立ち戻れる。生命境涯というものがあるとしたら、以前に比べて豊かで広がりが出てきたと思う。

人生とはよくできているもので、ひとつなにかを克服したらさらに高い障害を設定されて、息を抜く暇があまりない。生まれてきた意味を自らに問うためには、そんな時代が誰しも必要だと思う。今初めて、僕はそのサイクルのなかに入っているような気がする。負けてはならないのだ。

地道な努力。だいたい、これをするかしないかが、人生の分かれ道になる。可能性を信じて、いつ誰がどうなるか分からないのだから、夢と計画をきちんともって、日々無駄にせずに生きていこうというのが、最近の僕の姿勢だ。

ああ、なに書いてるんだか。でも、こんなことを書きたい気分になってしまったのだ。

|

« “<”を何と読む? | トップページ | 世界史のなかで日本史を考えること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次から次へと:

» 茂木健一郎先生序文『蒼天のクオリア』 [御林守河村家を守る会]
拙著『蒼天のクオリア』への書評として、 「入手極めて困難な名著です!」と、Amazonのユーズド商品のサイトに書かれています。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/offer-listing/-/478389597X/used/ref=sdp_used_b/249-2157088-9769113 これは著名な脳科... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 10:07

« “<”を何と読む? | トップページ | 世界史のなかで日本史を考えること »