« 日常へのささやかな抵抗 | トップページ | 号泣できなかった… »

2006年12月 1日

cafeじゃなくbar

12月になって紅葉というのもどうかと思って、テンプレートを変えた。ココログっていろんなところで指摘されているように、デザインのセンスがいまいちで、シャープなものやクールなものが、まったくと言っていいほどない。ぼやっとしたり、かわいいかんじのものばかりなのだ。おそらく、大人の男は全然対象にしてないのだろう。じゃあ、他のサービスに乗りかえたらいいじゃないかと言われそうだが、なんとなく腐れ縁みたいなもので、ここから離れきれないでいる。

で、消去法的に選んだのがこれ。今は自分で作る時間もないから、まあこれでいいだろう。だいたい夜暗く静かな時間に書いているわけだし、お似合いっていえばお似合い。でも、これだと cafe じゃなくて bar だな。プロントみたいに、昼はカフェで夜はバーというところもあるから、いいかあ。

bar といえば、僕のマンションの1階に、外から見る限りほとんど真っ暗な bar がある。お店の人とは一度だけ話をしたことがあるが、まだ中に入ったことない。カウンターしかなく、常連ふうの人ばかりのようで、どうも足を踏み入れる勇気がない。それに、好きになったらはまるだろうなという怖れもある。なんたって、自分の部屋の真下だからね。でも、そのうち、うん、この冬の間に一度扉を開いてみよう。

こんなことを書いている場合じゃないが、横のロイヤルホストで数時間勉強してきて、明日の準備はもう十分かなという気もしている。でも、もう少しやるかあ。

ロイホでは、禁煙席のいちばん奥にいたにもかかわらず、服にたばこの臭いがついている。まったく嫌になっちゃうな。

|

« 日常へのささやかな抵抗 | トップページ | 号泣できなかった… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: cafeじゃなくbar:

« 日常へのささやかな抵抗 | トップページ | 号泣できなかった… »