« いつも「まあどうにかなる」 | トップページ | ブログは自分の軌跡がわかる »

2006年11月 8日

話は通じないものなのだ

バカの壁って本当あるよな、とあらためて認識した。ある人と全然話が通じていなかったことが判明したのだ。「あんた頭悪すぎだろう」と罵りたくなるが、他人は自分と違う思考回路を持っているのだから仕方ない。どう考えても、その人が取った判断が賢明だとは思えないけど、まあそれも人生。長く付き合っていくなかで、また考えが変わるやも知れず。

田舎にいると、話が通じないことが多々ある。因習深くて、開明的な考えのない人たちには、正直うんざりする。しかし、それを僕が悩んでも、自分が苦しむだけなので、近頃はあまり深く考えない。生活環境が問題だもの。その人たちは悪くないのだ。そういう考えで生きてきてなんら不都合を感じないような、空間的にも精神的にも狭い世界でずっと生きてきたのだし、これからもその枠から出るつもりはさらさらないのだから、それはそれで幸せな人生ということでいいのではないだろうか。

でも、そういう人たちを尊重しながらも、僕は僕の主張をしていかなければならない。僕の世界観、人生観が、言葉に行動に出なければいけない。肩に力入れるつもりはさらさらないけど、自然体のなかで、自分らしさを滲み出していかなければならない。そのなかで、少しでも他の人に影響を与えられたらいいのではないだろうか。

話は通じないもんだという、絶望的な前提が大事だ。でも、そこから前向きになることによって真摯な対話が生まれるのである。そんなことを時々思い出して、へこまないようにしている。

|

« いつも「まあどうにかなる」 | トップページ | ブログは自分の軌跡がわかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 話は通じないものなのだ:

« いつも「まあどうにかなる」 | トップページ | ブログは自分の軌跡がわかる »