« 縄跳びと三諦、そして暗闇へ | トップページ | まだ終わっていない水俣病 »

2006年11月25日

勉強するときはDHAを

家族みんな、思い思いの場所で勉強する静かな週末。こんな光景がわが家ではちょくちょくあって、これはちょっと自慢できるのだ。学ぶのが好きな血筋なのだろう。それが活かされているかどうかは疑問だが……。

1週間後に試験があるので、僕は必要に迫られて、付け焼き刃の勉強。とにかく問題をこなしながら範囲のポイントを押さえていくという最短のやり方。高尚なことは言ってられない。この期に及んでは、まずは受かればいいのです。必須6科目中3科目をひととおり終わらせる。

集中して勉強するときは、「DHA」(ドコサヘキサエン酸)が抜群に効く。医学的にも言われていることだし、僕自身も実感している。大袈裟ではなく、ほんとにすらすらと覚えることができる。だからと思って飲もうとしたら、もう容器の中は空っぽだった。買っておかなければ。

でもこれ読んで、じゃあコンビニで買おうとか思っちゃダメですよ、皆さん。高すぎるのは妖しいが、安すぎるのは原材料の質を疑うべきなのです。DHAは魚油なので、きちんと抽出されていないと、水銀も一緒に入っている。「頭が良くなる」とか言いながら、その実「頭がおかしくなる」事態になりかねない。日本人は魚が好きだから、ただでさえ水銀濃度が高いと言われているのに、さらに濃縮したものを取り込んだりしてはいけない。

それはともかく、明日も勉強する。それでなんとかなるだろう。

|

« 縄跳びと三諦、そして暗闇へ | トップページ | まだ終わっていない水俣病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勉強するときはDHAを:

« 縄跳びと三諦、そして暗闇へ | トップページ | まだ終わっていない水俣病 »