« 人間のいない地球 | トップページ | 秋の夜の匂い »

2006年10月18日

非核三原則はお題目

ライス国務長官が、わざわざ「日本の防衛に強い決意をもっている。日本に対する安全保障を約束したい」と言ったのは、北朝鮮の核実験によって一気に高まった日本の安全保障への不安感を払拭し、ひいては日本が核武装へ向かうのを阻止しようという意図があってのことだ。

いわゆるアメリカの「核の傘」がなければ、日本は一体どんな防衛手段を取るだろうか。「非核三原則」をお題目のように唱えるだけで、私たちは満足しているだろうか。「なぜ核を持てる能力があるのに持たないのだ」と国民は政府を非難しないだろうか。

核の傘を前提としての軽武装であるにも関わらず、何かというと非核三原則を持ち出して、核なんてけしからん、などという人々が多すぎるから、先日問題になった中川政調会長のような発言をしたくなるのだと思う。相変わらずこの国では、核のかの字も出せない。

中川氏を批判した人間は、論理的には今日のライス長官の発言にも、声を大にして反対すべきだろう。「アメリカの核に守ってもらう必要はありません。私たちは非核三原則を国是とする素晴らしい国です」と。日米安保を否定しないのならば、非核三原則を偉そうに持ち出すのはやめてもらいたい。

|

« 人間のいない地球 | トップページ | 秋の夜の匂い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非核三原則はお題目:

« 人間のいない地球 | トップページ | 秋の夜の匂い »