« 履修問題―無駄から教養がうまれる | トップページ | 頭や精神にも負荷を与えよう »

2006年10月30日

突如、英語ばかりの日曜日、そしてマギリガン

昨日は某ホテルで知り合いの方の出版記念パーティーに参加。そこへ行く前に、急きょ参加することになったイギリス人のエスコートをお願いされ、別のホテルへその人を迎えにいって、一緒に会場へ。

いろんな方との会話を楽しもうと思っていたが、現実にはずっとそのイギリス人の相手をすることになった。最後は駅まで見送ることに。半日ずっと英語漬けだった。いい勉強になった。

もっと英語を話せるようにならないといけない。大切なのは落ち着くこと。それから、いつも不思議なんだけど、酒を飲むと英語が饒舌になる。度胸が出るのか? ああ、常時話せるネイティブの友人が欲しい、今ここに。

パーティーでの何人かの挨拶が終わって、彼首を傾げてこう言った。「なんでスピーチの終わりが、あんなに力入るのか。テレビでもよくみんな絶叫しているけど、それが日本のしゃべり方なんだろうか」と。悲しいかな、日本ではそうしないと一生懸命じゃないと思われるんだよ、デイブ。

彼と別れたあと、時間がゆっくりあったので、いつものアイリッシュパブへ飲みに行った。心地よい疲れを引きずって、どうしてもそこで飲みたかったんだ。

すでに常連のような顔して、その店へ入る僕。ギネスを1パイントのあと、まだ飲んだことのないアイリッシュ・ウイスキーに挑戦しようと思って、進められたマギリガンをロックで飲んだ。お店の人は「癖がありますよ」と言っていたが、なかなか好きな感じのがつんと重い一口目だった。

それがだんだんと香りが変わってくる。
「あっ、草っぽくなりましたよ」
「なかなか当たりの表現ですよ、それ」

店が混んできたので、いつもより早く帰ることにした。

例のテレビ局のお姉さまはこの間と同じように、パーティでも「あなた、私のオフィスに遊びにいらっしゃい。妙齢の女性がいるわよ」と妖しげな笑顔で言っていた。と言われたってね、ほいほいと出向くのも変だよな。ていうか、おーい、今日連れてくるんじゃなかったのか?

|

« 履修問題―無駄から教養がうまれる | トップページ | 頭や精神にも負荷を与えよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突如、英語ばかりの日曜日、そしてマギリガン:

« 履修問題―無駄から教養がうまれる | トップページ | 頭や精神にも負荷を与えよう »