« あり得ない出会い | トップページ | 生まれて初めて、まともに診察を受けた »

2006年9月 5日

検察は正義?

僕は「検察は正義」なんてことをまったく信じてない。だからライブドア問題に関しても、「検察はそういう風に話を作り上げたいだけなんでしょう」ぐらいにしか考えていない。

検察の動機の根底に「出る杭はこの俺たちが打ってやるぞ」というものがあるのなら(そして、それはあると思うのだが)、堀江さんは今やっているように徹底的に戦ったらいい。そのうえで有罪となれば、それはそれでいいと思う。

有罪か否かという観点だけでこの問題を見ていたら、何かその奥のもっとえげつない権力の怖さというものが見えてこない。「検察=善、堀江=悪」という単純化した構図では、事の本質がぼやけてしまう。それから、この一事をもって堀江さんを全否定すべきではない。

メディアの報道や人々の反応を見ていると、ついこういうことを書きたくなる。

|

« あり得ない出会い | トップページ | 生まれて初めて、まともに診察を受けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検察は正義?:

» 堀江被告初公判 [高野 善通のブログ雑記帳]
 本日は、裁判員制度有料マガジン第一回の発行日です。裁判員制度批判活動を本格化させたいところですが、そのためにはまだまだ登録者が不足しております。ブログ読者に申し訳ございませんが、協力のほどよろしく...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 12:42

« あり得ない出会い | トップページ | 生まれて初めて、まともに診察を受けた »