« 生まれて初めて、まともに診察を受けた | トップページ | 総裁選―政治は面白くなければ »

2006年9月 9日

福岡のPAUL

フランスの PAUL が福岡にもあることを知り、無性にフランスパンが食べたくなって行ってきた。

最初に PAUL へ行ったのは、四ツ谷駅のアトレ。当時近くに住んでいて、パンがうまそうだなと思ってふと入った。そのときのバゲットのサンドウィッチがおいしかったんです。それから東京駅で見つけ、八重洲口で見つけ、パリへ行ったときも、わざわざ寄ってみたりした。

福岡のお店は、福岡三越・地下2階の目立たない端のほうにある。持ち帰りだけかと思ったら小さなカフェもあったので、そこでランチをいただいた。といっても、ここの PAUL はレストランにはなっていないので、パンが数種類にドリンクだけ。おいしくはあったが量的に満足できなかったので、帰りにさらにバゲットのサンドを1本買って、そのあと車内ですぐに食べてしまった。

やっぱり、バゲットってうまい。これにチーズぐらいあれば、十分に楽しくワインが飲めるのです。

|

« 生まれて初めて、まともに診察を受けた | トップページ | 総裁選―政治は面白くなければ »

コメント

どうも、こんにちは。

最近、質のいいオリーブオイルが手に入ったので、朝食はフランスパンに付けて食べるのが習慣になっています。オリーブオイルとかガーリックとかは、フランスパンが一番合いますね。食パンではどうも。。。

ところで、お元気ですか?
それほど診察経験がないのなら、そろそろ人間ドックで徹底的に調べておく方が確かにいいでしょうね。くれぐれもご自愛ください。

投稿: エスプレッソ | 2006年9月 9日 10:30

たしかに、フランスパンにオリーブオイルはおいしいですね。毎朝フランスパン食べてるって、ちょっとおしゃれじゃないですか。

僕は元気なんですが、雑多なことで毎日忙しく、旅に出る余裕がありません。今はわりきって、金儲けすることを第一に考えています。って書いたら、すごい欲深い人間のようですが。

投稿: マンデリン | 2006年9月 9日 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡のPAUL:

« 生まれて初めて、まともに診察を受けた | トップページ | 総裁選―政治は面白くなければ »