« 長生きするための7つの健康習慣 | トップページ | 秋の気配 »

2006年8月27日

麻生太郎は面白い

このブログのなかでもちらっ、ちらっと言及しているが、僕は麻生太郎が好きだ。今朝サンデープロジェクトで久しぶりにこの人の話をまともに聞いたけど、やっぱりいいな。あの独特の余裕。あのべらんめぇ口調。あのへんてこにゆがんだ顔。過去の失言何するものぞ。

育ちのいい悪ガキっていうのは僕の知り合いにもいるけど、不思議と許せるんだなこういうの。スマートにやるから怒れない。吉田茂がおじいちゃんで、白洲次郎に面倒見てもらったりしてるんだから、そりゃ無茶苦茶になるだろう、いい意味で。ユーモアと放言癖は、バカヤロー解散した祖父譲りで筋金入りだ。

総務大臣時代の大臣ウェブページのタイトルが「あっ、そうだろう」。事務所のオフィシャルサイトの日記のページのタイトルが「きょうたろう」。

ネット上では、麻生太郎の面白みをいろんな人が書いている。読んでていちいち笑えてしまう。家族が怪訝な顔で見るのでクスクス押し殺して笑っていると、よけいに怪しまれる。とにかく話題に事欠かない。無類の漫画好き。

仕事もできる(と思う)。安倍晋三より全然魅力的。ふたりに3時間ぐらいぶっ通しで討論させて、それを編集なしでテレビで流したらよかろうに。10%ぐらい差は縮まらないだろうか。まあ、そうしたら1時間にひとつぐらいは危ない発言が飛び出すだろうが。

ちゃんとふたりの政策案も見比べてみなければいけないし、感覚でものを言ってはいけないんだけど、どうも安倍さんは、頭の悪い人が無理して精一杯の力を出しているようなイメージで、いいとこ取りしているだけで中身がないという偏見から脱皮できなくて、この人の本を読む気にならないんだよな。日本人の気質からいくと、全力投球する姿は美しいのかもしれないけれど、僕は見てて息苦しい。それは粋ではない。

イギリス仕込みの麻生さんは、きっとそんな姿を見せないだろう。憲法をGHQに押し付けられ、人生でこの上ない屈辱を味わったときに吉田が発した絶品のジョーク「GHQは ”Go Home Quickly” だ」のような面白みを彼には期待できる。

|

« 長生きするための7つの健康習慣 | トップページ | 秋の気配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎は面白い:

» 小泉純一郎よりも安倍晋三の方が危険! [ちょっと一言]
 16日に書き始め、どうにも書き上げる気力が湧かなかった小泉総理の靖国参拝につい [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 11:08

» 日本の伝統回帰ブームは危ないのか? [江戸摩呂日記 ~メディア千本ノック~]
朝日新聞 2006年(平成18年)8月22日(火曜日)28面 「好感」のありか(上) 中村真理子「つながり求めて伝統回帰」 ?  「日本の女性は、美しい」をコピーに4ヶ月で2千万本を売り上げた資生堂のシャンプー「TSUBAKI」、「武士道精神」を説いて214万部を売... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 13:16

» 白洲次郎 [幸せをくれるテディベア]
ご存知の方に是非とも教えていただきたいのですが、何故今、白洲次郎が注目され、関連本がたくさん本屋に並んでいるのでしょうか?今まで、本の表紙に使われている氏の写真を見て、晩年には三宅一生のモデルを務めたこともある... [続きを読む]

受信: 2006年9月 2日 01:21

« 長生きするための7つの健康習慣 | トップページ | 秋の気配 »