« 秋の気配 | トップページ | パソコンのサポートとコールセンター »

2006年8月30日

無謀な引き受け

今朝、知り合いの知り合いの人からいきなり、息子に期間限定で高校の数学を教えてほしいと頼まれ、急きょ明日から教えることになった。某試験を来月半ばに受ける予定なので、期間はたったの2週間。実際は10回ぐらいしか時間が取れないだろう。

そんなのは無謀だと思いつつ、でもどうにかなるだろうといういつもの悪い癖で、簡単に引き受けてしまった。短期間で少しでも学力向上させるためには、こちらも工夫して準備をしておかないと成果があがらないと思うが、けっこういろいろやることあるのに、どうやってそんなエクストラなことのために時間をつくるのか。ああ、やっぱり無謀だな。

でも、なかなかいい感じの高校3年生だったので、精一杯努力してみるつもり。数Ⅰレベルでよさそうだし、本業ではない僕でもできるだろう。1点2点の差がけっこう意味をもつ試験のようなので、やらないよりはやったほうが本人のためなのだ。

ということで、その試験の過去問をコピーして試しに解いてみたのだが、三角関数は完全に忘れている。なんと、人に教える前に自分が勉強しなきゃいけないじゃないか。

まあ、人生には偶然はないと信じているので、今わざわざ高校数学を教えなきゃいけないのも、なにか意味があるのだろう。そういえば、数年前に買ってひととおり勉強した『高校の数学を復習する本』(中経出版)も、今日から意味をもつことになる。

こうして、ふつうならまったく交わりのない新しい人に出会うのも、また何かの縁。

人間も人生も、見えない糸が絡みに絡んで成立しているに違いない。だから、できる限りひとつひとつの事象や出会いを積極的に捉えていかなければいけないと思う。たとえそれで、短期的には不快な思いをしたり失敗したりしても、そういう姿勢を持ち続ける人には、長期的に見たときにきっと意味を与えてくれるだろう。

人生の複雑さを楽しまなければいけない。と格好いいこと言うのは、半ば安請け合いした自分への慰め?

|

« 秋の気配 | トップページ | パソコンのサポートとコールセンター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無謀な引き受け:

« 秋の気配 | トップページ | パソコンのサポートとコールセンター »