« 昔ながらの取引 | トップページ | 靖国参拝―心の問題と公約 »

2006年8月 6日

Edy機能付マイレージカード、突然届く

ANAからEdy機能付きのマイレージカードが送られてきた。「~カード在中」と書かれた封筒を見て疑問。「Edy付に切り替えるって頼んだ覚えないけどな?」

カバーレターにはこう書かれていた。

お客様におかれましては、これまでANAマイレージクラブカードをご利用いただいておりましたが、是非ともこの新しい国内線搭乗サービスをご利用いただきたく、このたび誠に勝手ながら、「スキップサービス」にご利用可能なEdy機能付ANAマイレージクラブカードをお送りさせていただきました。

一瞬、わが目を疑った。本当に「誠に勝手ながら」じゃないか。なんというすごい押し付けの親切。お前ら大阪人か!(大阪の人ごめんなさい。僕の偏見です)と思わず叫びたくなった。確かにふつうに切り替えをしても、今だと発行手数料は無料だから、結果としては同じことなんだけど、こんな一流の企業が、こんな大胆なことをするなんて、驚きでした。でも、どうせだったらANAカード(クレジット)に自動的に切り替えしてくれればよかったのに。そんなことが不可能なのは百も承知の上ですが。

この切り替え、オンラインでまだ移行してない人みんなに行なっているサービスなんだろうか? それとも、なんか基準があったのだろうか? なぜこんなことを考えるかというと、自分の心を見透かされているようで、ぞっとするからだ。たとえば、今までのいろんなデータからいって「この人だったら悪く思わないで、きっと、『じゃあさっそく使ってみるか』と思って、搭乗してくれるだろう」と思われているとか。Edyが付いたことよりも、このカードによって新しい搭乗システを利用できるということが、より相手の心をくすぐるだろうから。

悲しいかな、僕はそんな人間だ。こんなのをもらうと、すぐにでも試してみたくなる。会社の思う壺なのである。ドンピシャリの人選なのである。つまりは、僕はカードをもらって、実は全然怒っていないのである。

Edyについては、田舎では使えるところがないが、博多にいる時はちらほらと見かける。すぐに思い浮かぶのはPRONTO。そして、僕にとってPRONTOといえば、おいしいプレミアムモルツのブロンズグラス。行くたびにこれを飲む。Edyにチャージして近々また行ってみるか。

などと考えている僕、向こうのビジネスにまんまとはまっている、なんとも単純な人間だ。

|

« 昔ながらの取引 | トップページ | 靖国参拝―心の問題と公約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Edy機能付マイレージカード、突然届く:

» 9/1より、ANAスキップサービス開始です! [マイレージサービス情報ドットコム]
チェックインがいらなくなるサービスが9/1よりスタートします! [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 23:30

» マイレージカード [旅行情報 トラベル・ツアーのお得情報]
最近では飛行機のマイルが人気です。 そんな中で誕生したのがマイレージカードです。 このマイレージカードには、 年会費が初年度無料のものもたくさんあります。 また、カード付帯の旅行保険など旅行に好きの方は欲しい一枚では? [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 11:16

« 昔ながらの取引 | トップページ | 靖国参拝―心の問題と公約 »