« ジダンの悲哀 | トップページ | 血糖値をはかってみた »

2006年7月12日

ジダンの悲哀(続)

BBCのニュースサイトを久しぶりに開いてみると、ジダンの話題でけっこう盛り上がっているじゃありませんか。全世界から寄せられている声を読んでいると、大方はジダン擁護で、何があろうとスーパープレイヤーであるという意見が多い。

BBC Radio Five が、例の決勝のシーンを読唇術の専門家に音声学的に解読してもらったということが、BBCのサイト記事に書かれている。やはり「テロリスト」という言葉が出ているのだが、何と訳すんだろうか、直訳すると「テロリスト娼婦の息子」(=英語訳は"You're the son of a terrorist whore")と罵ったらしい。

BBC Ten O'Clock News も専門家に見てもらった結果を伝えている。「お前と家族に醜悪な死を」と汚い言葉を吐いたという。

フランス現地時間の今夜、ジダン本人が会見を行なうらしいので、彼の口から本当のこと(とは限らないが)が語られるだろう。

Mirror というタブロイド紙によると、病気から回復したジダンの母は、この人はこの人ですごいことを言っている。マテラッティのキ○○マを切り落とす!と、ものすごい怒りなのだそうだ。タブロイドだからね、あんまり信じられませんが。

ああ、なんだかこのエントリー自体が、タブロイドかワイドショーみたいになってしまった。以上!

|

« ジダンの悲哀 | トップページ | 血糖値をはかってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジダンの悲哀(続):

» ジダンの頭突き問題 [@若ちゃんのブログ]
子供たちの模範とならなければならない、プロの選手はどんな事があっても暴力を振るってはいけない。ジダンはMVPを返上すべきだと自分は思う。 [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 17:54

« ジダンの悲哀 | トップページ | 血糖値をはかってみた »