« 幹細胞と再生医療 | トップページ | 地方自治も面白い? »

2006年7月22日

アイリッシュパブで飲む

仕事の関係者と夕食をとったあと、ひとりでアイリッシュパブへ行った。歩いて家へ帰るときはいつもこの店の前を通っていて、ずっと気になっていたんだ。

店内のなんとなく薄汚くて暗い感じが、いかにも向こうの場末のパブのようでいい。

久しぶりにギネスを1パイント飲んだ。それから、名前を忘れたけど、同じくアイリッシュのビールをハーフパイント。最後に、これまた久しぶりにブッシュミルズをロックで。たしか橋本龍太郎がこよなく愛していたウイスキーだ。もうそのハシリューもこの世にいないのだとしみじみと思いながら、ひとり飲む。

と言いつつ、本当は店員さんと3時間ほどずっとおしゃべりしていた。最初は、長崎出身という気さくな男性(店長?)と、ビールの話やら、長崎の話やら。でもほとんどは、柴崎コウ似でパッチリとした目のきれいなお姉さんと話していた。イギリスに住んでいたことがあるらしく、向こうの話や健康の話。実は家が近いということがわかり、近辺のローカルな話題なども。

おそらく福岡在住のイギリス人(アイルランド人はそんなにいないと思うので)などがよく来るのだろう、昨晩もちらほらと。みんな神妙な顔して、静かに飲んでいる。つまみなしで、ただ飲んでいる。ああ実にいい。また来よう。

<追記>
2番目に飲んだビールはキルケニーという名前だった。お店はHalf Penny 大名店。フレームを使ってあるのか、このお店のページから他ページへうまくリンクがつながっていません。全体のHPはこちらです。

|

« 幹細胞と再生医療 | トップページ | 地方自治も面白い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイリッシュパブで飲む:

« 幹細胞と再生医療 | トップページ | 地方自治も面白い? »