« 自然に接する日々 | トップページ | お久しぶりです »

2006年5月22日

食のあり方を問い直す

兄の本棚には、専門書の解剖学の本や人体の図鑑など、その手のものがたくさんある。ちょっと調べものがあったのでそこからいくつか拝借してページをめくっていたら、いつもの癖で関係ないところにひき込まれてしまった。

びっくりしたのは、肝臓の大きさ。横の長さは約25センチもあるんだそうだ。体内最大の臓器である。肝臓は一大化学工場ということで、面白くて昔いっときいろいろ勉強したことがあったが、根本の肝臓の大きさを知らなかったなんて、なんとも素人だな。

化学工場とか沈黙の臓器とか再生する臓器とか、魅惑的な修飾が並ぶ肝臓。うーん、また調べたくなってきた。肝臓が悲鳴を上げたときはもう遅いですからね、皆さん。とくに暴飲暴食には気をつけて、あまり負担をかけないようにしましょう。

さて、最近読んだ新谷弘実『病気にならない生き方』(サンマーク出版)と安部司『食品の裏側』(東洋経済新報社)は、現代人の食のあり方についての痛烈な批判であり警告であり指針である。前者では欧米化した食事がいかに日本人に合わないか思い知らされるし、後者では加工食品のなかにいかに多くの添加物が使われているか、それがいかにおぞましい工程で製造されているかを知らされ、吐き気を催したくなる。それぞれ専門に深く関わってきた人たちの意見なので、彼らの訴えの基本的な部分は、自らの食生活のなかで取り入れてみようと思った(取り組み始めた内容はまたいつか書きます)。

ふたつの本を総合すると、昔ながらの慎ましい食事を基本にすることがいちばん大切な姿勢だと思う。良い素材と良い調味料を使って、ソースなども出来合いのものを使わないで、できる限り自分で料理をつくるようにしよう。実家にいるときはつくる必要がないのでいいが、マンションに来たときはまったくつくっていない。面倒くさいなあというのが先立っていたからだが、昔イギリスでは自分で三食つくっていたので、そのときのことを考えればできないことはない。そのうえで、時々焼肉を食ったりステーキを食ったりワインをたくさん飲んだり仕方なくコンビニで済ませたりすることは、体にも(とくに肝臓に)あまり悪くはないだろう。

ぜひこのふたつの本、読んでみてください。そして、肝臓だけでなく、胃や腸や、その他すべての根本に食=栄養素があることを肝に銘じて、食のあり方を問い直してみてはどうでしょうか。

|

« 自然に接する日々 | トップページ | お久しぶりです »

コメント

ブログ紹介サイトが出来ました。
もし、あなた様がよろしければ・・・
当サイト「BlogStation69」にてあなた様のブログをご紹介させていただけないでしょうか?

ご登録はサイトよりお願い致します。
http://www.blog-station69.com

投稿: BlogStation | 2006年5月23日 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食のあり方を問い直す:

« 自然に接する日々 | トップページ | お久しぶりです »