« 都庁を眺めながら | トップページ | 唇に毒(?)が… »

2006年4月 5日

雨上がりの山々

昨日は一日中大雨で、夜遅くになってようやく止んだ。雨音は消えたものの、今度は近くの川から轟音が聞こえてきた。よほど降ったのだろう、それから一日経って、ようやく流れも落ち着いたようで、いつもの静かな心地良い川音に今戻っている。

今朝、外を歩いていたら、雨上がりに天気になるといつもそうであるように、四方の山々のいたるところが煙っていた。僕はこの情景が大好きだ。まるで山が生き物のように思える(実際に生き物なんだが)。それに、雨上がりはふだんより緑がうんと濃くなっているので、そのぶん空とのコントラストがはっきりしていて、稜線が美しく、山自体がいっそうたくましく映る。

何の変哲もない小さな山々だが、こんな雨上がりに眺めていると、日本の自然美がそこに凝縮しているかのように感じる。そしてこんなときはきまって、まるで自分が軽井沢の別荘にでも来ているかのような気分になって、うきうきする。

大きく息を吸ってみる。気持ちいい。生かされているなと自然に感謝した。

人気blogランキング

|

« 都庁を眺めながら | トップページ | 唇に毒(?)が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの山々:

« 都庁を眺めながら | トップページ | 唇に毒(?)が… »