« 自分の「思想」―淘汰されて残るもの | トップページ | 激しくて面白い、山本一太「気分はいつも直滑降」 »

2006年3月10日

あんずの花が咲いた

僕は、いわゆる「ごとおび」が好きではない。今日10日も支払いが多く、朝からストレスいっぱいだった。外は4月下旬並みの陽気に恵まれているというのに、まったくウキウキせずに車をあっちこっちへ走らせていた。

あんずの花1 途中、一度家へ戻ってくると、庭にあんずの花が咲いているのを見つけた。2年前に、家族のあることを記念して、苗木を植えたのだった。

一昨年も去年も花を咲かせなかった。今年初めて、きれいに花開いた。植えただけで、なんの手入れもしていなかったので申し訳なかったけど、ちゃんと生き抜いていたようだ。自然はたくましい。

あんずの花2 久方ぶりの陽光が、薄いピンク色の花びらに反射して、いやましてまぶしかった。足を止めて、しばし眺める。可憐な花びらだった。何年かしたら、大きな木へと育つのだろうか?

花を見つめていたら、顔がほころんだ。あくせくしていたのが、なんだかどうでもよくなった。

|

« 自分の「思想」―淘汰されて残るもの | トップページ | 激しくて面白い、山本一太「気分はいつも直滑降」 »

コメント

どうも、こんにちは。
お久しぶりです。

ドタバタ続きで、現実逃避のためにここに来ました。(^^;
僕も余裕を持たなくてはいけないですね。ありがとうございます。

投稿: 竹中 | 2006年3月10日 23:11

竹中さん、お久しぶり。忙しそうですね。

僕自身、現実逃避のためにブログをやっている面もあります。でも意外と、現実への活力にもなっているかも。書き手としては。読む側は? ちょっと息苦しいかもしれませんね。

投稿: マンデリン | 2006年3月11日 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あんずの花が咲いた:

« 自分の「思想」―淘汰されて残るもの | トップページ | 激しくて面白い、山本一太「気分はいつも直滑降」 »